4Stepで出来る『ブランド創り』の基本的な手順。

ブランド戦略

Right Caption
なぎさ
姉さん
ウサギさん、実際にブランドを創るのってどうやるの?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
う~ん、何をすれば良いか?ってコト?
Right Caption
なぎさ
姉さん
そう!実際、何をどうすればいいのか・・・。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まぁ、初めてちゃんとブランディングするとなると、そーなるわな。
Right Caption
なぎさ
姉さん
何から始めたらいいか解らない・・。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ほんなら、ざっくりと手順の説明しよか?
Right Caption
なぎさ
姉さん
お願いします。

なんだか、新しいキャラクターが登場したけど、『今から自分の商品を創ろう!』って人への内容は彼女とのお話しが参考になるかなぁと思ってます。

ブランド設計の4Step

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
実際、商品創りをするときの大まかな手順を説明しとくな。

たぶん、ザックリと全体を把握してないと『今、何をやってるか』が解らなくなって迷子になる。

Right Caption
なぎさ
姉さん
あっ!それアタシだ(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
だから、何時まで経っても商品リリース出来へんねん(笑)

と、言うことで、大まかな手順は下記。

ブランド創りの4Step

Step1 ≫ 提供したいブランド要素を知る。

Step2 ≫ 市場を観る

Step3 ≫ 要素のどこを切り取るか決める。

Step4 ≫ 要素を書き出す。

まず、ここまでやってからブランディングが始まる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
説明は一つ一つやるけど、実際は同時進行するコトになるし、それぞれが影響しあってる。
Right Caption
なぎさ
姉さん
だから解りにくいんですよ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
それぞれ、何に影響されて、影響してるかが解ればどんどん自分でサービスをリリース出来る様になるよ。

Step1 ≫ ブランドの要素を知る

まず、最初の最初。

これは、提供したい商品やサービスが在る前提

その商品(サービス)に対して以下を書き出す。

●名前(ネーミング)

●キャッチコピー

●ロゴマーク

●音

●色

●ドメイン

上記に追加するなら・・・。

●味

●ニオイ

も在るなら、これも書き出したておく。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
もうね、どんな商品であれサービスであれ要素はこれくらいしか無いのよ(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
でも、みんなコレを知らないからいい加減なブランド創りなるねん。
注)アナタの商品には必ず上記の全てが在るわけではない。

Step2 ≫ 市場を観る

ブランドの要素を知った上で市場調査をすることになる。

Right Caption
なぎさ
姉さん
正直、市場の何を観たら良いか解らないよ・・・。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
Step1の要素を知ってれば、何を観れば良いか解るやろ?

市場調査のやり方に関しては色々な方法があって、大分すると【定量調査】【定性調査】。

さらに、【定量調査】の種類としてアンケート調査、会場調査、HUT、・・・。【定性調査】にインタビュー調査、ショップアロング調査、オブザベーション、ミステリーショッパー・・・。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
さらにのさらにアンケート調査にも・・・
Right Caption
なぎさ
姉さん
え~~~~。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
なっ?いっぱい有るやろ(笑)
Right Caption
なぎさ
姉さん
こんなに遣(や)らなアカンの!?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
いや、個人がサービス提供するレベルやったらココまでしないでエエよ。
Right Caption
なぎさ
姉さん
(怒)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
企業になると市場調査はしっかり遣らんとあかんけど、個人レベルで今からサービスをつくるなら、ググればOK。
Right Caption
なぎさ
姉さん
よかった~。辞めよかと思った
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
でも、市場調査が大事ってのは解ったやろ?
Right Caption
なぎさ
姉さん
うん、わかりました。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まぁ、『ググり方』にもコツは有るから、それはまた別の機会に説明する。

Step3 ≫ どこを切り取るか決め込む

Step2の『市場を観る』をやりながらstep1で知った『ブランドの要素』のどこを切り取ってどういう風に伝えるか、強調するべきはどの要素かを決めていく。

この時の指標になるのが【価値基準】になる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
【価値基準】やで!

この、価値基準をベースに2軸グラフを切っていく。

Right Caption
なぎさ
姉さん
2軸グラフについては別途詳しく説明してください(笑)。

これをすることで、ブランド要素のどの部分をどのように伝えてどのポジションを獲っていくのか?を考えていくのがいわゆる、『ブランド設計』『ブランドデザイン』と言うコトになる。

Step4 ≫ 要素を書き出す。

Step3までの行為で考えたコトを書き出す。

実際に、コレをやらない人が多すぎる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
やってな。
Right Caption
なぎさ
姉さん
面倒くさい・・・。

本当に実際やらない人が多い、そしてやらない企業が多い。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
みんな、書き出す行為をしないからブランドがブレになってブランディングがハチャメチャになる!
Right Caption
なぎさ
姉さん
カタカタ多っ(笑)

これが大事な理由は主に2つ。

広告戦略(マーケティング戦略)の軸に成る事なので常に確認出来る様にしておくのが大事。

もう一つがセールストークを構成する時の指標になる。

 

そう、商品(サービス)のブランドがビジネス全ての起点になる。

まとめます。

ブランドを設計する時の大まかな流れは以下

Step1 ≫ 提供したいブランド要素を知る。

Step2 ≫ 市場を観る

Step3 ≫ 要素のどこを切り取るか決める。

Step4 ≫ 要素を書き出す。

 

そして、実際はStep2とStep3は同時進行。

みんな(企業ですら)Step4の『書き出す』をしないからブランディングもセールスも”ぐだぐだ”になる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
なんとなく、解った?