ブランド戦略には外部ブランディングと内部ブランディングが存在する。

ブランド戦略

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
今回は企業向け、組織向けよりの話。

 

Right Caption
大泉さん
個人企業とか個人サロンには関係ない話やな?

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まったく、無関係ってわけでもナイねんけど・・・。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ただ、今回の内容を理解することで、自分で自分の行動をコントロールすることも可能。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
どうやろう?『外部ブランディング』『内部ブランディング』って言われてピンとくる?

 

Right Caption
大泉さん
う~ん・・・。どうやろ?

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ブランディングを戦略的って言うか、ロジックとかプロセスとして理解しいれば相手(ターゲット)を変えるだけで使えるお話やったりするねんけど・・・。

 

Right Caption
大泉さん
なんや使えそうやな!
どういうコトやねん?

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まぁ、どう使うかは別にそれぞれ説明するけど、一旦どういう事か説明するな。

 

Right Caption
大泉さん
うん、ちゃんと聞くわ。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ほんじゃぁ~・・・。

 

そもそも、ブランディングって・・・。

根本的なコトやけどブランディングとは『自分が持って貰いたいイメージと相手が持つイメージを同一化する』ってこと。

 

一般的に知られているブランディングって【自社の商品やったりサービスのイメージやったり価値を消費者に伝える】って言うのはなんとなくわかる?

 

自社商品(自社サービス)が提供できる価値やったり、商品の機能やったり、競合他社との違いやったり。

 

コレを明確にしていくのがブランドデザイン

 

ブランドデザインで出来上がったコトを広告して消費者に伝えていくのがブランディング

 

Right Caption
大泉さん
ココでマーケティングが必要になってくるわけやんな。
当然マーケティングも戦略的にやね(笑)

 

ブランディングで伝えたイメージを良い状態で保っていくのがブランドマネジメント

 

って具合に企業(組織)として行動していくのが大きな意味でのブランディング(=ブランド戦略)ってコトです。

 

コレがいわゆる外部ブランディング

上記のような一般的に知られている内容が外部ブランディングです。

そう、自社の外側の人たちに向けてブランディングすることが外部ブランディング。

 

「ブランディングします!」って言ってる人たちが提供してる内容ですね。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ブランディングの一部しかやってない人も多いから要注意やけど・・・。

 

では、内部ブランディングとは

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
外部ブランディングの反対!

 

Right Caption
大泉さん
なんやねん!!!

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
いやいや、外部が消費者やったら内部は社員とか従業員ってコトよ。

 

Right Caption
大泉さん
社員に対してブランディングするってコトか?

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう言うコト。

 

会社(組織)の理念に共感した状態で働いてもらう為に会社を社員(従業員)に対してブランディングしていくってコトです。

 

実際にどうやって自社の社員(従業員)にブランディングするかと言うと、一番導入しやすいのは社員研修になる。どの様な研修をしていくかは別の記事で説明するとして、内部ブランディングがどういう効果があるのかザクっと解説。

 

内部ブランディングの効果

 

主な効果は人材育成に現れることが多い。

 

例えば、新人研修で業務内容の理解と基本的なビジネスマナー。マネージャー研修で的確なマネジメントが出来る社員の育成などなど。

 

人財が育つと言うことは必然的に組織が強くなる、そうなるとより効率的な人員配置が可能になり組織改革をスムーズに行うコトもできるようになる。

 

内部ブランディングを上手く活用すれば会社と組織の理念の共有も可能になる。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
コレに課題を抱えている経営者は非常に多い。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
経営者の勉強会に参加するコトがあるけど、参加してる経営者が全員コレを課題して持ってる。
 
そして、マネージャーの育成が可能であれば理念を理解した上で幹部役員への成長も期待できるコトになる。
 
 
そして、リブランディングっていうブランディングのやり直しって手法があるけどコレにはリスクがあってリブランディング=ターゲットの変更になるので一時的な売り上げの低下がおこる可能性がある。
 
コレを内部ブランディングで商品(サービス)の質の向上で対応すればターゲットの変更をせずターゲットの追加をすることが可能になる。
 
 
ほんの一例だけでも内部ブランディングを取り入れる価値ありますよね?
 
 
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
正直、もっと色んな効果もあるけど、それはまた気が向いたら追記します(笑)
 
 

【おまけ】更に、内部ブランディングのもう一つの活用方法。

内部ブランディングは求人にも活用できます。

 

どういうコトかと言うと・・・。

 

『内部ブランディングの考え方を外部ブランディングの方法で利用』するです。

 

内部ブランディングで自社の社員(従業員)と理念の共有が出来ると言うコトは求人でも同じコトを出来る。

 

求人の際に理念に共感してくれる人を集めて採用できれば当然、離職率を下げるコトもできると言うコトです。

まとめ

ブランディングを戦略として理解していればターゲットを消費者から従業員に変えるだけで今まで以上に有効活用するコトができる。

 

消費者に向けてブランディングが重要なのは当然として、社員(従業員)に対してブランディングすることが如何に有効か。

 

Right Caption
大泉さん
「ブランディングします!」って言ってる人たちって知っんのかなぁ。

 

正直まだ、ブランディング屋さんでコレ、理解してる人に出会ったコト無いです。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
もったいない話やね。