なんちゃってブランディング屋さんに遭遇しないための判断基準

ブランド戦略

Right Caption
大泉さん
なぁ、そもそもブランディングってなんやねん!
Right Caption
大泉さん
『高級』ってだけがブランドじゃないのは解る。
Right Caption
大泉さん
『早い』『安い』ってのもブランドってのは理解できる。
Right Caption
大泉さん
そして、そのブランドが【強味】とか【差別化】につながる・・・。
Right Caption
大泉さん
で、それを伝えるのが『ブランディング』ってとこまではわかってるねん!
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
なんやねん!いきなり。
Right Caption
大泉さん
うちの会社もブランディングちゃんと活用したいねんけど、実際どんなブランディングコンサルタントに依頼すれば良いかが解らんのよ!
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そんなん、オレに頼めよ!!
Right Caption
大泉さん
えっ?良いの???
Right Caption
大泉さん
だって、ウサギさんやる気なさそうやん?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
「やってくれ!」って言ってくれたらやるで(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
でも、大泉さんはブランディングのコンサルタントなんて必要ないけどな。
Right Caption
大泉さん
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
だって、大泉さんには教えてるもん(笑)
Right Caption
大泉さん
そうなん?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そうなん(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
なんなら他社のブランディングを助けて上げれるくらい知識は伝えてあるよ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
だから、君にはコンサルティングしない。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まぁ、大泉さんは必要ないとしてもブランディングのコンサルティングを頼む時の基準は必要だわな。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
特にマーケッターとかセールスみたいに効果が解り易いわけじゃないからなぁ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そしたら、ブランディングコンサルタントの選ぶ基準について説明しよか?
Right Caption
大泉さん
おう、頼むわ!(自分でやるの大変やからこっそり誰かに頼もう・・・。)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ほなら・・・。

なにをやってくれる?

まず、マーケティングであれ、セールスであれコンサルタントに共通して言えることやけど『何を』『どこまで』やってくれるのか?

特にブランディングに関してはマーケティングとセールスと比べて数字的な見える化がしにくいモノなのでとくに大事。

Right Caption
大泉さん
たしかに、マーケティングやったら集客数の増加、セールスやったら成約率とかで結果が解り易い。

そういう意味ではブランディングの評価基準は結果じゃなく成果だったりする。

そして、そもそもブランディング自体がマーケティングやセールスの基(もと)になるものやから、ブランディングしっかりできればマーケティングやセールスの制度が必然的に上がったりもするから余計に認められにくい(笑)

なので、そのブランディング屋さんがブランディングの専門家として『何をしてくれるのか?』を確認するのが大事。

たとえば・・・。

どんな基準でブランディングするのか?

どんなロジックなのか?

などなど・・・。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
他にもいろいろあるけど最低限これは確認しておきたい。

どんな基準でブランディングするのか?

これは、いわゆるターゲット設定に関するコト。

この、ブランド設定の時点でのターゲット設定で「ペルソナを設定しましょう!」って言い出したらそのコンサルタントはかなりヤバいです。

マーケティング、例えばブログのターゲットでペルソナを設定するのはOKです。

理由はマーケティングはテストとか情報収集(データ収集)の面が強く、より購買意欲の高い見込み客を集める為にする行為だから。

商品やサービスのブランド設計の段階では『たった一人の為の価値提供』って基準でやってしまうとそもそも、市場(需要)自体が在るのかどうかを無視したブランド設計になってしまいますよね。

どんなロジックをもっているか?

そのブランディング屋さんが持ってるブランディングのロジックをきちんと説明できるのか?

そして、そのロジックがそのブランディング屋さんの主観(経験測)になってないか。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
チョットわかりにくいか?

要は『客観的な価値基準で判断しているか?』が大事。

もし、ロジックが経験則だけで構築されたものなら、業種によって得意、不得意が出てくるの。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そのコンサルタントの価値基準が少しでも市場の価値基準とずれていた”らちんぷんかんぷん”なブランドが出来上がってしまうよ。

たった一つの質問

当然、本来ならもっと色々話を聴いて判断するべきですが、たった一つの質問でそのブランディング屋さんがまともかどうかが解る質問ってのもあります。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まともじゃないブランディングをこのブログでは『なんちゃってブランディング』と呼ぶ(笑)

では、どんな質問をするのか?

こんな風に聞いてみて。

「ブランディングの定義ってなんですか?」

この質問だけで、ある程度そのブランディング屋さんの本質がわかります。

本来、この質問の答えは【相手に誤解なく印象を持って貰うコト】です。

もっと言ってみれば【販売者側が持って貰いたい印象(イメージ)と購入者側が持つ印象(イメージ)をすり合わせる】コトです。

少し話が戻るけど【相手に誤解なく印象を持って貰うコト】ってコトはブランディングってすべてのコミュニケーションに活きてくるとも言える。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
この辺が、即答できないブランディングコンサルタントは『なんちゃって』と言い切れるのでご注意ください。