ブランド戦略的思考術。『悩む』と『考える』の違いを知ると今やる事が見える!

ブランド戦略

ぬぁ~!どないしよう・・・。

どうした?大泉さん。

いや、ちょっと悩んでてな・・・。

仕事のことか?

うん、今年、設備投資するか人員増やすかで悩んでんのよ。

悩んでるんやったら一辺辞めとき。

なんでやねん!大事なコトやねん。

だから、『悩む』を辞めろって言ってんの。

『悩む』くらいなら、ちゃんと『考えろ』!!

どういうこっちゃ?

10分考えて答えが出んなら一辺休めって。
それからちゃんと『考える』。

そもそも『悩む』と『考える』の違いが解ってないやろ?

違うんか?

大違い。そもそも前提が違うねん。

その違いがわかったら『悩む』のがいかに無駄でなんかっていうのと、頭を使う質が爆裂的に上がるから。

ちゃんと、知ってて欲しいから・・・。

『悩む』と『考える』の違い

【悩む】も【考える】も『思考する』っていう行動は同じ。

で、この行動の前提条件がちがう。

【 悩む 】の前提条件

「答えが出ない」という前提で思考をしている。

 

【 考える 】の前提条件

「答えが出る」 という前提で思考を組み立てる。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
コレ、答えやねんけど何となく解る?
Right Caption
大泉さん
全然、違う・・・。
Right Caption
大泉さん
答えが出る方向に思考が行ってなかった。

仕事に『悩む』ヒマは無い

そもそも、仕事って【何かしらの価値を生む】そして【提供して対価を貰う】行為なので何も生まないと解ってる事に時間を割いてるヒマな無い。

だから、上手く行ってるヒト達は無駄と解ってるコトはやらない。

この『悩む』と『考える』の違いを明確に理解しておくことで余分なコトに労力を割かずに済むようになる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
すると、どういう事が起こるかと言うと・・・。

 

”自分の行動の生産性が爆発的にあがる。”

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
大事やから、大きく言うてみた(笑)

 

意識することが大事

この『悩む』と『考える』の違いを知った上でも”ヒトって【悩むこと】そのものを目的にしてしまう認知バイアスの癖がある。”ってコトも同時に認識してて欲しい。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
認知バイアスに関してはググってね。

ヒトってすぐ『悩む』から意識的に『考える』癖を身に付けたらそれは最強のマインドの一つになりえる。

今、自分が『悩んで』いるか『考えて』いるかの判断方法

意識して癖づけるにしてもなかなか判断できない。

なんか、判断する方法ないんけ?

あるよ、しかも超簡単(笑)

考えているコトに”仮説”が立てれるかどうか?で判断できる。

仮説が立てれればそれは『考えて』る。

もし、仮設が立てれそうになかったら・・・。

それは『悩ん』でる。

まとめ

そもそも、『悩む』と『考える』は思考するという意味では同じでも前提が違う

けど・・・。

それを知ってる人はほぼ居てない。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
何が違う?
Right Caption
大泉さん
答えの有無!

そう、そして答えがあるか無いかの見極めは『仮説が立てれるかどうか?』で判断できる。

そしてお仕事上で『悩む』ほど無駄な行為はない。

どうせ、頭を使う作業するなら『考える』ほうが時間も労力も有効活用できる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
もう、仕事でも人間関係でも悩むのやめましょうね(笑)