【ブランド戦略的】利き脳診断~インプット左・アウトプット右タイプの傾向~

利き脳診断

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
利き脳診断で判断された”左・右タイプ”の人な。
Right Caption
大泉さん
知りたい。(実は俺このタイプ)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
この際やから自分のコト把握しとき。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
裏を返せば自分の弱点も解るやろうしな。
Right Caption
大泉さん
そこまで頭まわさなあかんか?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
いや、別にいいけど。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ちょっと気持ち楽になるで。
Right Caption
大泉さん
そう言われると確かに、知っとくの大事ね。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ほな・・・

『左・右タイプ』がリーダーシップを取る時

任務と言うかタスクやったり進捗やったり成果を優先的に考える。

例えば、チーム単位で仕事をする時、それぞれがそれぞれの仕事をこなすコトに重きを置きやすい。

『チーム内の人間関係は仕事に関係ない!』と思ってる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
しかし、本人の行動は結構『衝動的』

『左・右タイプ』が一つの単語に対して持つイメージ

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
絶対とは言わないけど単語やったり行動に対する傾向の一例を並べてみるな。
Right Caption
大泉さん
これで、何となく掴めるかな?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
なんとなくで良いよ。

『挑戦する』に持つ感覚

基本的には1%の可能性があれば行動できるタイプ。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
やたら、行動力のあるヤツっておるやろ?
Right Caption
大泉さん
おるおる(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
根本的に『やってみないと何も始まらない』と思ってる。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ついでにナンパが平気な人はこのタイプが多い(笑)
Right Caption
大泉さん
納得・・・。

『難しい』はどういう事に対して

何をすれば良いか解らない時に「それ、難しいなぁ」って言い出す。

『何故それをするのか?』とか『どうやってするのか?』はどうでも良い(笑)

大事なのは『何をするか?』

ただ、もともと行動力が強いタイプやから『何をすれば良いか』が解れば異常に行動が早いとも言える。

『左・右タイプ』がわくわくする言葉

”挑戦”・”成長”・”情熱”

そんな言葉に”わく”ってする(笑)

『左・左タイプ』に抱くイメージ

「計画的に行動できたり、ちゃんと考えて動くのって凄いよなぁ。」って思ってる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
でも、「そんなんするの正直メ・ン・ド・ク・サ・イ」って思ってる。
Right Caption
大泉さん
動いてなんぼ!って感じやしな。

『左・右タイプ』のまとめ

リーダーシップは任務(タスクや進捗優先)が優先。

1%の可能性があれば挑戦できる”行動派”

なにをして良いか解らないと『難しい』と言い出す。

”挑戦”とか”成長”とか”情熱”って言葉に反応しがち。

『左・左タイプ』の人に理論もって計画建てれるのってすごい!って思うけど計画とか理論は面倒くさい・・・。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
『右・左タイプ』はこんな人って決めつけれないけど潜在的にこういう傾向はもってる。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
決めつけたらあかんで!