【商品づくり】市場調査の為のグーグル検索方法。~直接競合を知る~

ブランド戦略

Right Caption
なぎさ
姉さん
市場調査ってググれば良いってことやけど、どんな言葉でググたら良いの?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
『検索ワード』がわからんってこと?
Right Caption
なぎさ
姉さん
そう、なんなら検索しても何を調べたら良いかわからない・・・。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そうかぁ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そしたら順番に説明しよか?
Right Caption
なぎさ
姉さん
おねがいします。

検索ワードはどうすれば良い?

まず、検索する言葉は検索されたい言葉が良い。

もちょっと具体的に言うと『業種名』『サービスのジャンル名』そして『検索されたい』で検索する。

この『業種名』や『サービスのジャンル名』で検索する目的は競合調査

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ちなみに、競合ってライバルのコトね。なんなら今は敵って思ってもらってても良い。(いわゆる同業者)

誰が?どんな人が?自分の競合になるのかを知らないコトには始まらないと思っていい。

ココで単純に大泉さんみたいに

Right Caption
大泉さん
『めちゃめちゃ競合多いやん!』→『アカンやん!』

ってならなくて良い。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
のちのち、ちゃんと競合たちと張り合わない様にポジション獲りはしていくので(笑)

なんせ、ここで大事なのは『誰が?どんな人が?自分の競合になるのか?』になる。

 

『同業者がわかる』と何がわかる?

この時点で大事なのが広告表示される企業もちゃんと見ておく。

この同業者を調べていくことで今現在、世の中にある市場を知ることができるようになる。

この市場を知るって行為が『需要を理解する』ってコト。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
『需要』はわかる?
Right Caption
なぎさ
姉さん
何が必要とされてるか!
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
OK!もっと言うと『何に悩んでるか?』な。

つまり、『同業者を知る=需要を理解する』と言うコトになる。

まとめ

どんな、キーワード(言葉)で検索するのか・・・。

そして、検索すると何が解るのか?

答えは、『業種名』や『サービスのジャンル名』『検索されたい』でググれば良い。

更に言うと検索されたい『キーワード(言葉)』で検索すると、直接的な競合他社が浮き上がる。

ここで、判明するのが完全なる同業者。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
この時、広告で表示される競合もちゃんと調べるコト!
Right Caption
なぎさ
姉さん
わかった!

競合が判明すると何がわかるかと言うと・・・。

今現在、世の中にある市場が見えてくる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
要は需要を知るってコトやな。
Right Caption
なぎさ
姉さん
わたしでもわかるかな~?
 
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
次回は、市場を知る為に何を見るか?を話すわ。
Right Caption
なぎさ
姉さん
ちょっと大変化も(笑)