} else { ?> 【商品づくり】市場調査の為のグーグル検索方法。~直接競合の何を観る?~ | ブランディングなめんな!1人起業のWebブランディング戦略

【商品づくり】市場調査の為のグーグル検索方法。~直接競合の何を観る?~

ブランド戦略

Right Caption
なぎさ
姉さん
前回の話のとおりググってみたよ。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
どうやった?
Right Caption
なぎさ
姉さん
『競合の人は誰か?』はわかったけど、その人たちの何を見たら良いのかわからない。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
全部やん(笑)
Right Caption
なぎさ
姉さん
うそや!なんか見るところあるんやろ?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
有るよ(笑)
Right Caption
なぎさ
姉さん
ちゃんと、教えて~や。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
わかった、わかった。

競合他社(同業者)の何をみる?

まずは、『お客様の声』のページを見る。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
『お客様の声』って何が書いてる?
Right Caption
なぎさ
姉さん
う~ん。「ココが良かった」とか「こんな事してくれた」とか。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
それを書き出して欲しい。
出来るだけ箇条書きにして書いて欲しい。
Right Caption
なぎさ
姉さん
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
それが、今現在、世の中にある「なぎさ姉さんがこれから入っていく市場(ジャンル)の需要」やねん。
Right Caption
なぎさ
姉さん
??
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
良かった事、嬉しかった事が書いてるやろ?
Right Caption
なぎさ
姉さん
うん。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
『嬉しいコトとか良いコトって価値が有る』ってのは、なんとなく解るか?
Right Caption
なぎさ
姉さん
そうやわなぁ
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ヒトって価値あるモンにしか”お金出さん”やろ?
Right Caption
なぎさ
姉さん
あー!『どんな事に価値があるかが解る』ってコトか!!
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう言うコトやねん。
何となく、市場が解ってきたか?
Right Caption
なぎさ
姉さん
うん!

市場を知る為の価値基準を集める

これで、『どんなコトに価値が有るか?』が読み取れる。

では、次の作業として何に価値が無いかを書き出してみる。

Right Caption
なぎさ
姉さん
どうやって?

価値が有る事の反対語を書き出せば良い。

例えば、書き出した価値あるコトが【簡単】に対して【難しい】みたいに、どんどん書き出していく。

これは検索で探さずに自分で書き出したら良い。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まぁ、反対語をググるのは有りやけど(笑)
Right Caption
なぎさ
姉さん
なんで、そんなコトすんの?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ブランドって【高級】とか【高品質】ってだけがブランドじゃない。ってのは解るよな?
Right Caption
なぎさ
姉さん
反対の言葉にも価値があるかもしれないってコト?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
その可能性もあるよな。
Right Caption
なぎさ
姉さん
あ~!なんか解ってきた気がする(笑)

ココで書き出した【価値あるコト】と【反対の言葉】は大事に保存しておく。

Right Caption
なぎさ
姉さん
どうして?市場のコト解るでコレよ。

これを使ってサービスとか商品のポジションを確認することが出来る。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
その”やり方”はまた別に詳しくするから今は精査する為の資料集めやと思ってて(笑)
Right Caption
なぎさ
姉さん
了解!

 

まとめると・・・。

グーグルで直接競合が判明したとして・・・。

さぁ、何をみたら良いのだろうか?

これは、提供するのがサービスであれ商品であれ読むところは『お客様の声』。

そして、見て(確認)いくのは【価値あるもの(コト)】を確認して書き出していく。

この『お客様の声』に書かれている【価値基準】は今現在、世の中にある市場の価値基準になる。

そして、作業的には【書き出した価値あるモノ(コト)】に対する反対語。

これをすることで今後のポジション獲りやブランディングの要素の為の資料を集めるコトになる。

あとがき

このまま、ポジショニングの話しに進めそうなかんじやけど、ちょっとまった(笑)

実は今回集めた情報・資料だけだといわゆる『ブルーオーシャンへダイブ!』です。

なので、戦える価値基準をさがします。

と言うことで次回は『需要があり開いているポジション』を探す為のググり方を説明します。