} else { ?> ブランディングを学ぶのと同時に学ぶコト | ブランディングなめんな!1人起業のWebブランディング戦略

ブランディングを学ぶのと同時に学ぶコト

ブランド戦略

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ブランディングをちゃんとやろう一生懸命『学ぶ』ことをしても同時に理解しないといけないコトがあるんやけど解る?
Right Caption
なぎさ
姉さん
ん~・・・。わからん(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
答えは『人』。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
『人』について知るコトが大事なのよ。
Right Caption
なぎさ
姉さん
ふ~ん。
『人』ねぇ~。

何故『人』について学ぶのか

 

そもそも、ブランディングって購入してくれるであろう誰かに自分の商品の良いイメージを伝える為におこなう行為のことを言う。

 

では、この『購入してくれるであろう誰か』とは何なんでしょう?

Right Caption
なぎさ
姉さん
何って?人間やん(笑)

その通りで、ブランディングをするアナタ自身も『人間=人』。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
『ブランディングだけに関わらず、マーケティングであれセールスであれビジネスにおける工程は自分自身だけでは完結しない。』ってのは解る?
Right Caption
なぎさ
姉さん
売る人がいて、買う人がいる。

 

どんなに、自分自身の作業の手間を省いても『人』との関わりは確実に発生する。

 

ブランディングと人との関わり

ブランディング=『購入してくれるであろう誰かに自分の商品の良いイメージを伝える為におこなう行為』と定義すると・・・。

 

始めに、関わってくるのが『自分自身』

 

特に、自分の『得意なコト・好きなコト・興味が有るコト』をサービスとして提供する場合は、まず自分自身が商品であるという自覚がブランディングの始まり・・・。

 

つまり自分自身がというか、自分自身のサービスがブランドのあるモノにする必要がある。

 

自分自身のサービスをブランドのあるモノにするには、やっぱり自分自身を理解するところから始めないと後々『あれ?アタシがやりたかったのって、こんなコトやったっけ?』みたいになるのは良くある話し。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
コレって、自分自身っていう『人』の理解が必要ってことな。

 

そして、次に関わってくるのは『購入してくれるであろう誰か』。

 

『購入してくれるであろう誰か』が抱えてる悩みや重要だと思ってる価値基準、そしてイメージし易い言葉とか感覚を理解しておかないと伝えるコトを決めることができない

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
だいたい、マーケティングが上手く行ってない人たちの原因はコレ。
Right Caption
なぎさ
姉さん
そりゃ、伝えるコトが決まらないと何を伝えて良いかわからんよね。

 

 

まとめると・・・。

どうやっても、売る⇔買うの関係性は『自分』と『購入者』との関係で成り立っている。

コレをもう一つ深堀りすると『自分』も『購入者』も両方【人】に成ってくる。

と言うことは、人そのもののコトを理解できていないとガンバって勉強したブランディングも上手く伝わらない、そもそも求められないブランディングをしてしまうコトに成る。

 

だから、ブランディングを学ぶのと同時に『人』について学ぶのが大事。

 

Left Caption
前田 圭介
その為にこの【ブランディングなめんな!】では『利き脳診断』と『気性と価値観』を活用してます。