ターゲットの絞り方。ターゲットを感覚的に考えてない?

ブランド戦略

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
自分の商品のターゲットを考える時どうしてる。
Right Caption
なぎさ
姉さん
今は自分が獲りたいポジションの対象になる人で想定してるけど?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
けど?
Right Caption
なぎさ
姉さん
けど。
Right Caption
なぎさ
姉さん
ブランド戦略を知る前は、感覚でやってた(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
『こんな感じの悩みを持ってるお客様~』みたいな?
Right Caption
なぎさ
姉さん
そう、そんな感じ。
Right Caption
なぎさ
姉さん
『だれもそんな悩みもってへん!』ちゅうのにね(笑)

感覚ではターゲティングは出来ない

 

一番やってはいけないのが『ターゲットを自分で考えるコト』そして『絞りすぎるコト』

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
絞るに関しては次に説明するけど・・・
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
やりがちなのが『自分で考えるコト』

 

自分で考えてもそんな人が実在する保証はどこにもない。

 

そして、コンサルタントの意見やマーケッターの「それ、良いと思います」も非常に危険。

 

Right Caption
なぎさ
姉さん
自分で考えてるのの大差は無い・・・・。

考えてるのが自分の脳みそかコンサルタントの脳みそかマーケッターの脳みそかの違いだけ。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
しかしコレに関しては、良いと思う理由の裏付けを確認すれば大丈夫。

 

この、自分で考えて(コンサル・マーケッター含む)ターゲットを決めるというのは過去の自分の経験則から導き出されるものであって、市場規模や需要の量と質がを確認してないのであやふやになる。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
過去の経験が役に立たないというわけではなく未知数すぎてアテにできない・・・。
Right Caption
なぎさ
姉さん
もし、それが自分の思い違いだったとしたら取返しが付かない!

商品のターゲットは絞らない

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そして重要なのは・・・

 

商品やサービスのターゲットは絞らない。

 

商品(サービス)のターゲットを絞ってしまうと、商品(サービス)が売れる可能性を自分から少なくしているコトになる。

 

商品自体のターゲットは出来るだけ広く考える。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ゼロから商品をつくるときは特に重要になる考え方。

商品(サービス)の対応範囲は広くした上で自分がどういう価値を提供できるか?で対象を絞っていく。

そうすることで、対象以外のお客さんが来た時でも迷わずサービスを提供するコトが可能になる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
例えば、美容師という職業なんかで想像するとわかりやすい。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
美容師さんの商品自体はヘアカットやパーマ・カラーリングそしてセットに着付け。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
これらが必要なヒトは・・・
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
全人類ということになるよな?
Right Caption
なぎさ
姉さん
広っっっ!
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まぁ、美容師と理髪師は国家資格として明確に分けられてるから美容師のターゲットは女性そして顔そりを求めない男性ってコトになるわな。
Right Caption
なぎさ
姉さん
それでも、広いわ(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
それくらいが丁度いい。

ターゲットを定めるより先にポジショニングを定める

Right Caption
なぎさ
姉さん
かといって、ターゲットを広くとってしまうと集客出来ないよね?
自分事に思ってもらえないし。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
集客なんてできない(笑)

 

なので、自分とお客さんたちをきちんと理解するコトからはじめる。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
この、お客さんたちを市場と言う。

 

自分が提供できる価値とお客さんたち(=市場)の価値基準を知ることが全てのはじまり。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
お客さんになるであろうヒト達も含む。

 

では、実際にどんな手順で絞り込みをしていくのかというと。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
手順は以下。
ターゲティング手順1・2・3

手順1》お客さんたちの価値基準を知る。選んでる理由を知。

手順2》選んでる理由のなかで自分が提供できるコトを明確にする。

手順3》自分が提供できるコトが必要なお客さんたち(市場)はどんなひとなのかを想定する。

 

この3つの工程でターゲットをしぼるコトが出来る。

 

Right Caption
なぎさ
姉さん
お客さんの中から探してるから『そんなターゲット居てないで!』とはならんよねw

 

例えば、前出の美容師であればお客さんたちが美容院や美容師を選ぶ基準を知る。

その基準は美容師自身の雰囲気・しゃべりやすさ・価格・技術・服とかメイクのセンス・話術・提案力などなど、他にもいろんな基準が存在する。

なんなら、マッサージが上手い!とか手が綺麗なんて基準があるかもしれない。

もっと調べれば自分が想像していなかった価値基準が出てきたりもする。

それを知る為には、お客様の声をちゃんと聴く。

お客さんの言葉の裏を読まずに素直に言葉を拾い上げるのがコツ

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
傾聴するコトが1つの方法。

 

そして、自分を知る為に出てきた全ての価値基準の中で自分はどの位置にあるのかを判断する。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
これで今、自分が提供できる価値が明確になる。

 

ここまでが出来たら、提供できる価値が必要なお客さんたちが明確になってくる。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ターゲットはこうやって絞り込む。
Right Caption
なぎさ
姉さん
自分で想像しててもアカンね。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
さらにターゲットを絞っただけでは正直、不十分。重要なのはココからで、手順3まで想定して初めてターゲットが有効になってくる。
ターゲティング手順4

手順4》その人たちに自分はどんな存在だと思われたいか?

 

ターゲティング手順4に関してはポジショニングの工程にはなるけど、ターゲットを絞るのと同時に考えないと、せっかく絞ったターゲットの精度が下がることにもつながる。

 

注目しないといけないのが、どんな存在だと思われたいか?ここが明確でないと、どんなSNSを活用しても内容がチグハグになったり、思わぬ印象を持たれたりすることになってしまう。

 

そして、どんな存在だと思われたいか?を明確にすることがポジショニングの基準になる。

 

希望のポジションを明確にすることで伝えるべき相手と内容は自動的に定まる。

 

Right Caption
なぎさ
姉さん
誰に対するポジションなのか?やもんね。

 

まとめると・・・。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ターゲットを定めるのに重要なのは・・・

 

商品やサービス自体のターゲットは絞らない。

②集客の為のターゲットを設定する時はまず、市場の価値基準を知る。

③自分が提供できる価値基準の中の立ち位置を把握する

その立ち位置が必要なヒト達をターゲットとする。

⑤その人たちにどんな存在だと思ってもらいたいかを明確にする。

 

これらを着実にこなすことで、ターゲットの精度は想像の域を超えた現実的なターゲットになる。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そして、要注意!

ターゲットは自分のアタマで考えてはイ・ケ・ナ・イ!!

コンサルタントやマーケターの言葉を鵜呑みにするのは、超・危・険!!

根拠や裏付けのないコンサルタントやマーケッターの「イイと思います」ほど適当な言葉はナイ。