} else { ?> 役割としてのポジショニング | ブランディングなめんな!1人起業のWebブランディング戦略

役割としてのポジショニング

ブランド戦略

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
実際、ターゲットに対するポジショニングを考える時は2軸グラフと事前に洗い出した【価値基準】でやっていくねんけど。
Right Caption
なぎさ
姉さん
そのまえに?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そのまえに。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ちょっと、考えて欲しねん。
Right Caption
なぎさ
姉さん
なにをよ?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
自分の商品とかサービスの『役割』

なぜ『役割』について考えるのか?

今現在、世の中にある【 価値基準 】と間接競合の【価値基準】をあらい出した時点で2軸グラフを使ってどんなポジショニングが有利か探っていく事がでる。

実際に現実のポジションを探る前に今一度『サービス自体がどんな役割を果たしたいのか?』『何が必要なのか?』などを考えて欲しい。

コレをすることで自分のサービス自体をより深く理解できるし、実際に2軸グラフでのポジショニングを探すときの一つの指標が出来上がる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
みんな意外と自分のサービスを理解出来てないのよ。
Right Caption
なぎさ
姉さん
そーなん?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そして、コレを考えておくのはセールスのタイミングでもスゴク役に立つ。

『役割』とはどんなコト?

まず、初めに考えて欲しいのは3つの項目について。

  • マインド的な側面
  • ツール的な側面
  • スキル的な側面
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
どんなサービスでもこの3つの側面があるから説明できる様にしておきたい。

マインド的な側面

自分のサービスを受けた時、どんな風に『考え方』や『想い』が変わるのかについて考える。

カウンセリングであれば『どんな風に考えが楽になるか』とか・・・。

ビジネス講座なら『仕事に対する考え方の変化』とか・・・。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
考え方が変わった後の行動なんかも考えれれば、考えておくとより良いかな(笑)

ツール的側面

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
もう、コレは読んで字のごとく(笑)
サービス自体を道具として使った時の感想とか効果。

どんなシーンとかシュチュエーションで使えるのか?

どんな使い方をすれば良いのか?

『学んだ』と言う事実が、どう利用できるか?

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
なんかがツール的側面。

スキル的側面

これも、そのままで・・・。

そのサービスを受けたらどんな経験が得れるのか?

どうやって、活用すれば良いのか?など・・・。

上記の3つが考えられたら、ココからはちょっと抽象的やねんけど・・・

『購入してくれたヒトに対しての役割』と『責任』を考えて欲しい。

家族に例えると解り易い。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
例えば、僕やったら・・・。

嫁さまに対しては『旦那』であり『頼って良い人』って責任があり、パートナーとして身なりはちゃんとしとかなアカン。

息子に対しては『父親』であり、『最終的に怒る人(普段は怒らない)』。一人の同性の大人として、あこがれるコトが出来る大人で居たい。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
っと、こんな感じでサービス自体の役割を考えておきたい。
Right Caption
なぎさ
姉さん
え?ウサギさん奥さんおったん?しかも子持ちって!
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そこかいっ!!

セールスにも役立つ理由。

どんな人でも気性とか感情とかその時の価値観みたいなのがある。

その時々で「今、自分に必要なモノ」の価値観が変わるけど、本来重要視する【3つの項目】はあまり変わらないのでサービスの説明を使い分けることが出来る様になる。

そして、その【3つの項目】で何を重要視しているか?はブログや各SNSなどで発信していればそこから読み取るコトも可能になる。

まとめ

仕事自体の役割を考えることで、提供するサービスを深く理解できる。

理解する為には【3つの項目】とターゲットに対する【役割】と【責任】を考えておく。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
みんなね、この作業を省くのよ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
なんか、解ってる前提で話しが進む。