} else { ?> 【利き脳タイプ別】行動に移す為に必要なリソース | ブランディングなめんな!1人起業のWebブランディング戦略

【利き脳タイプ別】行動に移す為に必要なリソース

ブランド戦略

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まぁ、ひとり起業あるあるやけど『行動できない』って課題あるわな。
Right Caption
なぎさ
姉さん
う~ん、確かに。
Right Caption
なぎさ
姉さん
でも、これって結構、深刻な問題じゃない?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
行動のあとにしか結果とか成果とかナイからなぁ。
Right Caption
なぎさ
姉さん
て、言うか行動のあとに現れるコトを結果とか成果っていうしね。

 

そこで、ブランド人材育成協会ってところが面白い統計をとっていて、現時点での協会の運営者とアタシ自身の体感的なところでそれぞれの利き脳のタイプごとに行動を起こすために必要なリソースが視えてきたので一旦、備忘録的にまとめておこうと思う。

 

Left Caption
前田 圭介
まだまだ、検証途中とはいえ一つの指標として使える制度にはなったと思うけど絶対ではないので。。。
Left Caption
前田 圭介
この記事を参考にして、なにかアナタに不利益があっても保証は致しかねます。

リソースの定義

まず確認しておきたいのが『リソース(resource)』の意味。

この記事では主にビジネスをするにあたって必要になる資産資源に絞るコトにしておきます。

そして今回は以下の4つに絞って検証。

●資本(資金)

●良い先生(師匠)

●良い仲間

●システム(環境・仕組み)

Right Caption
なぎさ
姉さん
なんで、この4つなん?
Left Caption
前田 けいすけ
まぁ、いろんなひとり起業の方々のサポートしてると利き脳のタイプによって『行動のキッカケ』というか『行動するのにコレが必要』なんやなぁってのが視えてくるわけですよ。
Left Caption
前田 けいすけ
それらに仮説をもって拝見させていただいてると『相手の足らない要素』『自分なりの理論』とかみたいなモノが出来上がってくる。
Point

それぞれの傾向と理由を利き脳のタイプの特性と照らし合わせての実感値での検証の結果となります。

タイプ別の行動の為に必要なリソース

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ここから本題。

 

それぞれのタイプに必要なリソースと検証。
※あくまでも仮説の域をでた仮説です。

 

インプット右脳・アウトプット右脳

このタイプに必要なリソースは・・・

 

資本(資金)

 

このタイプ・・・。

 

『お金があったらやりたいコトに必要なモノって揃うよね?』っていう感覚がどこかにある。

 

『何かが欲しい!』じゃなく『コレがあればもっと上手く行く!』でモノを購入する。

 

ここの感覚が大事で、『必要最低限』とか『十分使える』とか『今、あるモノで代用できる』ではダメなんですよね。

 

他の、タイプからみたら『今あるモノで十分やん』って思えるモノも『必要なモノ』と捉えてしまう。

 

Right Caption
なぎさ
姉さん
はたから見たらただの無駄遣い・・・。

 

そして、それが手に入れば『購入したからやらんとな!』って感じで行動に移しやすい。

 

企業や組織に成ってくるとお金を預けてしまうのはナカナカ現実的じゃないけど、采配権とかこの右・右タイプが必要と思うものを与えるのが効果的となる可能性が高い。

 

コレがひとり起業家の場合はどうするか・・・。

 

行動を促す為に、最小限必要なモノに対するお金を与える。

 

例えば、本人が嫌がっても『マーケティング⇒セールス』の形で無理やりにでも商品を販売して『お金』を作ってもらう。

もしくは、資金調達。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
コレは、リスクを取るコトになるのであんまりおススメしない。

元々、この右・右タイプは100%の確信があるか0%の確信、つまり『やらないとどうしようもない』状態で行動を始める。

 

そして、『やらないとどうしようもない』状態で行動を始めるとだいたい『不の循環』に入ってしまうコトが多いのも実感値としてある。

 

そのかわり、資金がある状態で始めるなら好循環に入りやすいし行動し出したら『100%確信がある』ので行動もパワフルになってくる。

 

インプット左脳・アウトプット左脳

このタイプに必要なリソースは・・・

 

善い先生(師匠)

 

自分よりもたくさん知恵(ちえ)を持ってるヒトとか知識(ちしき)を持ってるヒトに対しては自分の考えを曲げてでも、その人に認めてもらおうとする質(たち)をもってて、それが【理にかなった(りにかなった)】知恵・知識なら「なるほど!」っとなって自分であるていど行動もできるタイプ。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ただ、実際に行動するかどうかは別の話しやねんけどな(笑)
Right Caption
なぎさ
姉さん
だから、先生みたいな人が必要になるってこと?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう、行動まで促して(うながして)くれる良い先生

 

インプット右脳・アウトプット左脳

このタイプに必要なリソースは・・・

善い仲間

右脳・左脳タイプはちょっと特殊。

もともと、解りやすく言うと1~10まで知ってないと落ち着かない、輪とか周りの空気みたいなのを重んじる傾向(けいこう)にあって、本人が属してるグループのレベルに自分を合わせてしまえる。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
重要なのが属してるグループのレベルに自分を合わせてしまえるってコト。
Right Caption
なぎさ
姉さん
よく言う、『金持ちになりたかったら金持ちの輪の中に入れ』って言うのが効果的になるタイプってこと?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう、けっこう簡単にそのレベルに行ってしまえるというか、そういう行動を素直に影響をうけられるタイプ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ただ、本当にまわりの人に合わせれるので・・・。

 

自己成長意識の低い仕事なかまとか友人がまわりに居てる環境だと、そこに合わせてしまう。

そして、自分が望んで合わせてしまっているからなかなか抜け出せない。

Right Caption
なぎさ
姉さん
『アタシは違う』とか『あの人はあの人』って思えないのね。

っていうか、仲間意識が強いから『なんとか周りを引っ張らなアカン』とか自分が『ココで上手いコトやっていかないといけない』みたいに思いがち。

 

Right Caption
なぎさ
姉さん
そして、だれも行動しない・・・。
何も変わらない・・・。
うわぁ~。

だから、この右脳インプット・左脳アウトプットのタイプは自分の目的に対して善い仲間が居てるってコトが行動に必要な要素になってくる。

 

インプット左脳・アウトプット右脳

 

このタイプに必要なリソースは・・・

 

システム(環境・仕組み)

 

基本的には誰の話しを聞かなくても行動ができてしまうタイプなので・・・。

 

仕組みがあれば勝手に考えて行動しちゃう(笑)

 

なにをすれば良いかがわかってて、それをする為の仕組みとか環境があれば勝手に行動できる。

 

まぁ、もともと行動力があるタイプやしね。
さすが、1%の確信で動けるタイプ(笑)

 

だから、仕組みとか環境を整えてあげればこのタイプは勝手に行動する。

 

 

まとめると・・・。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
もし、『どうも上手く行動が起こせない』と感じているなら自分のタイプに必要なリソースを集めるところから初めてみたらどうかな。
Right Caption
なぎさ
姉さん
うん、確かに目的と目標が明確になるからやるコトは解りやすいかも(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
何よりも、行動出来ないのはビジネス上、致命的なんでまず行動できる様にしよう。
Left Caption
前田 けいすけ
そして、それぞれのタイプに必要なリソースが揃った時に出る、行動の勢いと成果のスピードは楽しみでしょうがないです。