結果が全てで成果が重要。成果主義が結果への近道

言いたい放題

前回の記事からの続きです。

Right Caption
なぎさ
姉さん
モチベーションが維持できなぁ~い。
Right Caption
大泉さん
モチベーションが上がらないから行動出来ないのっ!

っていうお悩みに対して『モチベーションってそものも、何なのよ?』に一つの答えを出してみました。

Left Caption
前田 圭介
で、今回はモチベーションが影響する実際の行動の評価のやり方的な内容です。

そもそも、【結果】っていうのと【成果】っていうのは・・・・。

Left Caption
前田 圭介
全然!まったく!意味が違うの!!
Right Caption
大泉さん
そら、違うもんやろ?
なんか、語尾おかしくなってんぞ(笑)
Left Caption
前田 圭介
ちゃんと、違いが理解できてるか?ってはなし。
Left Caption
前田 圭介
コレに関しては一晩中でも喋れるけど、簡単に説明しとくな。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
大泉さんの語尾もさっきおかしなことになってたゾw
Right Caption
大泉さん
・・・・

【結果】【成果】とはなんのコト。

 

この辺の、認識が違ってるとこの後のお話しも全然わからん様になってしまうから同じ認識をもって話しをすすめたいんやけど。

 

Left Caption
前田 圭介
かまわへん?
Right Caption
大泉さん
たしかに、認識がちがうと話しがかみ合わないよな・・・
Left Caption
前田 圭介
そもそも、結果っていうのは・・
Right Caption
大泉さん
返事、聞かんのかいっ!

 

【 結果 】と言うものを定義しておくと行動の後に起こった事象(じしょう)や事柄のことを結果と言う。

定義とはいったものの一般的にもそういうコトよね。

それに、たいして【 成果 】は結果を含めた結果が出るまでの全てのプロセスのことを成果っていう。

Right Caption
なぎさ
姉さん
また、プロセスってかっこいい言葉使ってw
Left Caption
前田 圭介
ごめん

結果を含めた結果が出るまでの全ての過程と工程です。

Left Caption
前田 圭介
なんか、堅苦しいやろ?
Right Caption
なぎさ
姉さん
かたいなぁ~

行動の後にでた結果も含めた、進行とか変化していく途中の段階のことを成果という。

Left Caption
前田 圭介
どや?
Right Caption
なぎさ
姉さん
これくらいが好い。

これで、なんとなく【 結果 】と【 成果 】の違いはイメージできるた?

 

【結果】と【成果】で必要な認識。

Right Caption
大泉さん
てめぇ~、目標達成してないやないか!

上の、大泉さん従業員さんに喝を入れてるみやいやけど、こういうシーンってよくありますよね?

 

Left Caption
前田 圭介
コレ、結果として観たら・・・。

 

『目標達成期間内に目標を達成できなかった』という結果、つまり結果が出なかった。っていう表現になって『結果が出なかった=ダメ』ってコトになっちゃう。

 

Left Caption
前田 圭介
コレをね、【 成果 】って視点でみていると。

 

『目標を達成できなかった』という成果が出てると考えることが出来る。こういう風に考えることができたら、今までの過程・工程すべてを否定されると思わなくてもいい。

 

Left Caption
前田 圭介
なぜかというと、成果視点だと結果を含めた途中の段階すべてが判断基準なわけですよ。

 

と言うことは・・・。

 

『目標を達成しなかった』という取るに足らないただの事象なんですよね。

 

目標を達成する為にめっちゃ、いろんなコト学んで試して経験値があがってる。目標をたてた時から期日である今の時点でたくさん成長してる。

 

『まったく、何もしなかった』としてもそれですら『なにもしなかった』という成果を得ているわけです。

 

成果主義の認識が出来れば改善の余地あり!

 

『なにもしなかった』という成果を得ているって自覚が出来れば先は明るい。

 

Left Caption
前田 圭介
自覚さえできれば・・・・
Right Caption
なぎさ
姉さん
つぎはどうしよう。
Left Caption
前田 圭介
って考えに至る可能性もグッとあがる。

 

コンサルタントとか上司として【成果主義】目線でクライアントなり部下や後輩をみることが出来れば、さっきの大泉さんみたいに頭ごなしに「アホ!ボケ!!カス!!!」って結局、成果が上がらないマネジメントをするコトがなくなる。

 

相手の成長度合いに評価の基準がいくので次の目標がより現実的になる。

 

つぎの目標を立てるのに前回たてた目標に達せなかった理由とか原因もちゃんと考えにふくめた目標を立てることが出来る。

 

Left Caption
前田 圭介
ね?コンサルタントとか上司がこういう視点やとなんとなく自分も成長できる気がしませんか?

 

かといって結果は無視しない。

 

Left Caption
前田 圭介
結果が出るってコトは良いコト。
Left Caption
前田 圭介
今月の売上目標100万円って目標に対して300万円の売り上げって言う結果が出るのは本当に素晴らしいというかスゲェよ。

 

結果を出せるというコトは、目標をたてた時の目論見とか仮説とか想定が正しかったという事のゆるぎない事実。

 

Left Caption
前田 圭介
ましてや、設定していた目標のさらに上の結果が出るってコトは次の一手の選択肢が単純に増えるというコトでもあるわけやしw

 

そして、この次の一手の選択肢を増やしたいがために【 結果主義 】って考え方が一般化する。そして【 結果 】っていうのはスゴくわかりやすいし単純に理解しやすいコトでもある。

 

なまじ、結果が出なかったとしても次の行動を考えるめっちゃ良い指標を得る事が出来る。

 

だから、【結果】を無視はしない。

 

結果を出せる様になった過程はその結果より価値がある。

 

300万円稼いだコトより300万円稼げるようになたことの方が重要だと思ってます。

 

Left Caption
前田 圭介
その稼げた300万円がたまたま稼げただけやったらどうやろう?
Left Caption
前田 圭介
ホンマに嬉しい?
Right Caption
なぎさ
姉さん
嬉しくないっていったらウソになる。
Left Caption
前田 圭介
そりゃそうか(笑)

でも300万円稼げる自分に成ってれば、何らかの効率化でもっと稼げるようになる。

成果を評価基準にして結果がでてくると継続的に結果を出せる自分になってる。

Left Caption
前田 圭介
これってスゴくないですか?

そして、結果だけをみて成果をないがしろにしてると、継続性を生み出すのが難しくなるのはイメージできるかな?

Right Caption
なぎさ
姉さん
成長できてるかがわかんない!
結果だけやとマルバツしかないから。

『なぜ300万円稼げたという結果を出すことが出来たのか?』

『どうやって300万円稼げたという結果をだせたのか?』

『なにをすることによって300万円稼げたという結果につながったのか?』

Left Caption
前田 圭介
これら、全て成果なんですよね。
 

まとめると・・・。

成果にフォーカスを充てるコトでマネジメントの質が変わる。

そして、本人も【失敗=悪】ではなく【失敗=次への課題】と言うとらえかたができるので、より成長を実感できる。

Left Caption
前田 圭介
成長を実感できるのって幸せじゃないですかね。