【利き脳タイプ別】得意な役割とチームポジション

ブランド戦略, 利き脳診断

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
それぞれの利き脳によって得意な仕事のジャンルってのがある。
Right Caption
なぎさ
姉さん
言われると、まぁそうやわなぁ(笑)
Right Caption
なぎさ
姉さん
『向き』『不向き』みたいなもんやろ?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
絶対とは言わんけど、おおむねそういう傾向があるから、それぞれの役割にたいしてどういう取り組み方するのか?ってのが解ってると心は楽よな。

 

情報収集が得意で企画立案(アイデア出し)に強い右脳・右脳タイプ

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
他のタイプが思いもつかないコトを言い出す。

それもこれも、頭の中で考えることも『行動』と認識しているので、その考える基となる情報とか要素に目が行く。

 

そして、Whyのフィルターを通して世界を認識するのでモノゴトの『なぜ?』が気になる特性も新しい企画とかアイデア出しに強い理由になってる。

 

特に営業職が現場から持っち帰ったお客様の声などを組み合わせて新しい価値基準に気づきやすいのもこのタイプ。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
仕事の愚痴を言うとき「なんでこんなことするねん!」って内容の愚痴を言う(笑)

 

まぁ、そんな理由でこのインプット右脳・アウトプット右脳タイプは商品開発に強みを発揮する。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ただ、発想とか着眼点はエエねんけど・・・。
Right Caption
なぎさ
姉さん
なに?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
自分でやろうとしない。
Right Caption
なぎさ
姉さん
あ~100%確信あるかやらないとどうしようもない時にしか行動せんもんな。

戦略構築が得意な左脳・左脳タイプ

インプット右脳・アウトプット右脳タイプのイメージ的な説明(理論的じゃない説明)も理論的に解釈できるのが特徴。

 

特性としてHowを通して世の中を認識してるので『どうやってやるか?』への意識が強い。

 

インプット右脳・アウトプット右脳タイプが出した発想が『実現可能かどうか?』『実現する為にはどうすれば良いか?』を構築できるのがこのタイプ。

 

『読み取る力』と『理論的に伝える能力』の両方を持ってるこのタイプは俗にいう『頭がいいタイプ』

Right Caption
なぎさ
姉さん
お勉強が出来るタイプね
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ただ、頭が良すぎて・・・。立てる戦略が【机上の空論】に成る事もしばしばかな。
Right Caption
なぎさ
姉さん
現実的かどうかは別として戦略を構築できるのがこのタイプってことか。

それらの特性を踏まえると伝えるべきコトの整理が上手なのと伝えるべきコトを理論的に説明できるのでブランディングに力を発揮しやすい。

 

戦術としてタスクにまとめる能力が高い右脳・左脳タイプ

Why-How-Whatの全てを通して現実を認識するのがインプット右脳・アウトプット左脳の特性。

基本的には1~10まで把握してないと落ち着かないのがこのタイプ。

Right Caption
なぎさ
姉さん
全部、知っておきたいヒト。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
全部知ったうえでどうすれば現実可能かを考えられるのがこのタイプの特性でもある。

簡単にいうとインプット左脳・アウトプット左脳タイプの机上の空論を現実可能なタスクへの落とし込みができる唯一のタイプ。

それが出来るのは右脳インプット(イメージ的インプット)が出来るコトに起因(きいん)する。

そして、人に伝える時(アウトプット時)は理論的に説明できる動力をもってるから頭の中でイメージ⇒理論への再構築ができる。

Right Caption
なぎさ
姉さん
すごい、特殊能力やん。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
どっちかと言うとバランスが良い。

なので、このインプット右脳・アウトプット左脳のタイプにスケジューリング、タスクづくり、降板表なんかを任せると能力を発揮しやすい。

Right Caption
なぎさ
姉さん
スケジュール帳を上手に使えてるヒトってこのタイプが多そう。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
一概にはいえないけど、一般的なスケジュール管理法みたいのには当てはまりやすいかな。

即、行動の左脳・右脳タイプは実行力で営業向き

1%でもやる価値を感じられたら即行動のインプット左脳・アウトプット右脳タイプ。

少ない、情報量でも行動できてしまう。

Whatを通して現実を認識する特性があるので『何をすれば良いか』がわかればそれで良い。

そして、一般的にナンパするのが平気なのはこのタイプが多い。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
『数打てば当たる』を平気で出来る・・・。
Right Caption
なぎさ
姉さん
右脳・右脳タイプには絶対ナイ感覚やなぁ(笑)

なによりも、実際の行動までが早いし、へこたれにくいから営業向きと考えられる。

しかも、新規営業に強いし、飛び込み営業を続けられるのはこの特性が強いヒトに限られる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
逆に、右脳・右脳タイプと右脳・左脳タイプが営業職になったら既存客(いまあるクライアント)の拡大に強かったりする。
Right Caption
なぎさ
姉さん
左脳・左脳タイプは?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そもそも、『営業職無理!』っていうてるヒト。
表に立つより縁の下の力持ちが好き。

補足

営業が得意なインプット左脳・アウトプット右脳タイプが持ち帰ってきたお客様からの情報とか感じたコトインプット右脳・アウトプット右脳のタイプに伝えるのが良い結果に結びつく。

他のインプット左脳・アウトプット左脳左脳・右脳タイプが一生懸命伝えてもよく理解できないのとその話をどうすれば良いかが解らない。

Right Caption
なぎさ
姉さん
処理できないってコトか。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
共感が出来ないからそれをどうしていいか解らない感じになる。

インプット右脳・アウトプット左脳左脳・右脳タイプが語っても『What』の部分しか伝わらないから、全体を把握できないので右脳・左脳タイプは「もっと詳しく教えて!」ってなるけど左脳・右脳タイプは「なんでコレで解らんねん!」「1から10まで説明してられない!」ってなる。

Right Caption
なぎさ
姉さん
なんか、どっちもどっちやけど・・・。

まとめると・・・。

アタマの中で考えるって言う行為も『行動してる』って認識を持ってるインプット右脳・アウトプット右脳のは企画立案とかアイデア出しが得意なタイプ。

 

イメージ的なコトを理論的に解釈できて、理屈の理解が苦にならない『理論派』のインプット左脳・アウトプット左脳は戦略を構築するのが得意。

 

『全行程を理解しておきたい』そして『和を大事にしてる』インプット右脳・アウトプット左脳タイプは戦術を選定するのが向いてる。

 

1%の可能性で行動できる『やってみないと解らんやろ!タイプ』のインプット左脳・アウトプット右脳は営業(セールス職)向き。

コレを、ビジネスのプロセスに置き換えると・・・

企画立案(アイデア出し)⇒戦略を立てる⇒戦術を選定する⇒テクニックを駆使して行動する。

商品設計⇒ブランディング⇒マーケティング⇒セールス

っとなって・・・

チームビルディング的には

右右タイプが商品開発の主導して左左タイプが戦略を練って右左タイプが戦術を選定して左右タイプが実行部隊。

が割とストレスの少ない組織づくりと言える。