売上に対するブランディングの役割

ブランド戦略

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
みんながブランディングを”おろそか”にする理由ってわかる?
Right Caption
なぎさ
姉さん
う~ん、解りづらいから?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
それも、あるけど『売上』ってもんに対して即効性がないことが原因やと思ってる。
Right Caption
なぎさ
姉さん
みんな、『イラち』やし、すぐ結果欲しがるから?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そうそう(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
自分の得意なコト、好きなコトをサービス化しようと思ったら継続的に売れつづけないとアカンねんけどな。
Right Caption
なぎさ
姉さん
即効性のあるものって長続きしないもんねぇ(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ことビジネスに関しては流行りを追い続けないといけなくなる。
Right Caption
なぎさ
姉さん
即効性あることやりながらブランドをしっかり創り込むのがベストみたいやね。

売上に対するブランディングの2つの役割

ひとつ目の役割は『他の類似サービス(同業他社)との違いを明確』にするコトによってお客さんとか見込み客が購入する理由『選ばれる理由』を作って売上を安定させる

 

ふたつ目の役割はマーケティングを効率よく行う為の基準と材料を作ることによって効果的な広告活動の土台になる。

マーケティングで『なに?』を伝えるのかを明確にする。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
この、ふたつ目の理由がマーケティングとブランディングがゴチャ混ぜになる理由な。

選ばれる理由を作る

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ひとつ目の選ばれる理由を作るのにも、いろいろと解かってないと作れない。
Right Caption
なぎさ
姉さん
そんなん、自分商品のコトやから自分で考えたら良いんちゃうの?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まず、そこが落とし穴なんよ。

自分で考えるってコトはどこまでいっても自分の意見とか感想でしかなくて・・・。

その、意見・感想が他の人も同じように感じてるか?ってコトが重要。

Right Caption
なぎさ
姉さん
共感ってこと?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう、ただしその共感してくれる人が少なすぎても商売としては成り立たない。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
特にスピリチュアル系の婚活とか恋愛サポートをサービスにしてる人によくあるパターン。

たとえば・・・。

Right Caption
大泉さん
「アタシを解ってくれる人がお客さんになってくれればいいの♡」

なんで、おっさんが言うてんねん!っていうのはおいといて(笑)大泉さんのことを理解できる人がどれほどいてるのか?

まして。この大泉さんが「月の満ち欠けによって人の感情が左右されるの♡」とか言い出したら理解できるでしょうか?

Right Caption
なぎさ
姉さん
無理だわ・・・。

大事なのは自分が考える『コレって良いであろう』と思ってるコトがターゲットにしているヒト達も『良い』とか『価値がある』と感じてるかどうか。

 

大泉さんの場合同じように感じてるひと・・・『お月さまの影響力ってスゴイ!!』って共感できるひとがどんなけ居てる?

 

商売として成り立つ量のひとが居てればいいけど明らかに居てない・・・。

 

ここまでの話しでわかるとおり、客観的なお客さん側にある価値の基準を知っておく必要がある。

その他にも、そもそも自分の商品が提供しているにが何か?を知っておく必要もあるし同業のライバルがどんなポジションを獲ってるのか?自分の商品はどのポジションを獲れる可能性があるのか?などの自分の商品のコトを言葉であらわせる理解がお客さんに選ばれる理由づくりに必要不可欠になる。

 

Right Caption
なぎさ
姉さん
『知らないコトは伝えれない』ってことね。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そして、伝える手段はやっぱり言葉がわかりやすい(笑)

マーケティングの土台をつくる

ここまでの話しは自分の商品を深く理解することの重要性やってんけど、理解したあとどうするか。

Right Caption
なぎさ
姉さん
選んで貰える理由を言葉にするんやろ?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう、特にWebブランディング(インターネット上)で良い状態を保とうとするなら『ブレない』ってコトが重要。
Right Caption
なぎさ
姉さん
その為に、伝えたい事の芯をつくる為に自分の商品を理解するってことやね?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そうそう。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ここで、思い込まないで欲しいのが『ブレない=同じ言葉を言い続ける』じゃないってコト。
Right Caption
なぎさ
姉さん
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
同じコトを伝えるにもいろんな伝え方があるやろ?
Right Caption
なぎさ
姉さん
伝える相手とか状況、状態で言葉は変わるってこと?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そういうコト(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
だから、伝えたい事の芯を言葉にしておく。
Right Caption
なぎさ
姉さん
それが、キャッチフレーズとかコンセプトってことだ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そこが明確に言葉になってればマーケティングで伝えたい本意(持って貰いたい印象)がグラグラしないからマーケティングの効果も高くなる。
Right Caption
なぎさ
姉さん
言われると当たり前やけど・・・なっとくだわ(笑)

まとめると・・・。

ブランディングそのものを突き詰めると『お客さんにどんな印象』を持てもらうかに行き着く。

 

お客さんや見込み客と言われる人たちにどれだけ『ポジティブな印象』を持って貰えるか?

 

そして、良い状態のブランディングがもたらす売上は『勝手に選ばれてそのままで売れる』と言う特性に行き着く。

 

この状態にたどり着くためにWebマーケティングという戦術を活用して世の中にアナタの商品を知ってもらうのがブランディング的な戦略になる。