} else { ?> 個人ビジネス工程大分解 その12【広告内容の検証・改善】 | ブランディングなめんな!1人起業のWebブランディング戦略

個人ビジネス工程大分解 その12【広告内容の検証・改善】

ブランド戦略, 個人ビジネス工程大分解

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
今回の内容は広告内容の検証と改善。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
基本的に⑪広告効果の検証・改善と同時進行でおこなう工程になる。
Right Caption
なぎさ
姉さん
同時に考えるってコト?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
基本的にはそうなる。

この工程での2つの落とし穴

 

⑪広告効果の検証・改善と同じことには当然、注意が必要。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
同じ原因であきらめてしまう・・・。
Right Caption
なぎさ
姉さん
同時にやってるから当然か。

 

そして、⑪広告効果の検証・改善と同時にやるのでブログやそれぞれのSNSでの発言が億客さんによりすぎて本来伝えたい『ブランド』を無視してしまいがちになる。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
コレが2つ目の注意点でありこの工程での作業内容。

 

広告内容の検証の考え方

 

実際はマーケティングの一貫でありブランディングの作業になる。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ちょっとややこしいけどコレが本質。

 

そして、この工程があるが故ウィキペディアですら『ブランディングはマーケティングの一環』なんて書いてしまう。

 

別にコレが間違いとは言わないけど”一定の条件の基”に成立して成果が上がる考え方と行動なのよね。

Right Caption
なぎさ
姉さん
”一定の条件の基”ってなによ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ちゃんと、『ブランドが在るモノになってる』ってのが条件。
Right Caption
なぎさ
姉さん
あぁ~みんなココが後付けになってるコトが不味いってことか?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そういう事。

ココまでこのブログを読んでもらえていればそんなコトにはならない、『きちんとブランドをつくる』コトがそもそも『ブランディングなめんな!』のコンセプトなもんで(笑)

 

なので、ココでアナタ考える基準になるのが①~⑤まででつくり上げたアナタのサービスの持って貰いたいイメージ。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そして、アナタ自信が商品であるという自覚。

 

コレを基に⑪広告効果の検証・改善で出した答え(仮説)がアナタが伝えたいイメージや持って貰いたい印象を崩していないか?を確認していく。

 

言葉遣いが変わっていないか?同じ事に対する意見が複数になっていないか?などなど・・・。

 

ブランディングのコツは一貫性を持って継続するコト。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
コロコロかわるとお客さんが戸惑うのよね。
Right Caption
なぎさ
姉さん
読み手として、そんなん信用無くなるわ(笑)

まとめると・・・。

ココでの作業は広告内容の検証。

マーケティングの中にあってブランディングの工程。

さらに言うとブランドマネジメントの作業になる。

広告効果の検証・改善とは検証・改善の内容が違う。

あくまでもブランディングへの検証・改善でもともと購入者に『持って貰いたい印象』がちゃんと受け取って貰えているか?を観ていく工程。

広告効果の検証・改善と合わせて考慮する。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
なかなか、難しいけど広告効果の向上と『持って貰いたい印象』の維持が大事ということ(笑)
Right Caption
なぎさ
姉さん
なんか、大変やなぁ。