} else { ?> 個人ビジネス工程大分解 その11【広告効果の検証・改善】 | ブランディングなめんな!1人起業のWebブランディング戦略

個人ビジネス工程大分解 その11【広告効果の検証・改善】

ブランド戦略, 個人ビジネス工程大分解

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
この工程に取り掛かる為には大前提があるねん。
Right Caption
なぎさ
姉さん
大前提?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう、何かを検証しようとしたらある程度の『量』が必要になってくる。
Right Caption
なぎさ
姉さん
ブログの記事数とかって話し?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
それもやし、それぞれのSNSでのフォロワーとかお友達とかチャンネル登録数とか。
Right Caption
なぎさ
姉さん
とにかく『数』ってこと?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そもそも、それが無いと検証のしようがない。
Right Caption
なぎさ
姉さん
と言うコトはブログ作ってそれぞれのSNSに投稿初めてしばらく経ってからの話しやね。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まぁ、そう言うことに成る。

検証と改善はどうすれば良いのか

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
実際、闇雲に検証しようと思ってもなかなか検証できない。
Right Caption
なぎさ
姉さん
うん、検証自体が『これで良いのかなぁ』って感じ。

 

そこで、効果を発揮するのが⑨キャッチコピー/原稿作成の工程で作った【 仮説 】

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そして、目的の再認識。

 

特にこの工程では広告効果てきな目的を考える。

 

メルマガ登録への誘導なのか?Line公式への登録なのか?お問い合わせへの誘導なのか?他にもいろいろと目的があるとは思うけど・・・。

 

そして目的が再認識できたら【 仮説 】を検証する。

 

思ったような反応があったのか?なかったのか?

 

そして、反応がなかった場合は何が足りなかったのか?

 

ここで、大事なのは『足りなかったコト』を見つける事

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
もっと言うと、出来てなかったコトに目を向ける。

 

このタイミングで、広告会社やWebデザイナーなどの意見も貰えると成果に繋がりやすい。

 

特に彼らのようなプロの意見は【 改善策 】には以上に有効に働く。

 

Right Caption
なぎさ
姉さん
コンサルタントには教えてもらうじゃなく『プロの意見をもらう』感じかぁ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう、コンサルタントって何かをしてくれる人じゃないからね。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そういう事もふまえて、コンサルティングを受けると想像以上に威力を発揮してもらえる。
Right Caption
なぎさ
姉さん
受け手次第なところ、あるもんね。

この工程の落とし穴

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
正直、キビシイ現実に直面するコトになるので嫌になってヤメテしまう・・・。

特に初期であればあるほど『耐えれない』。

ブログであれそれぞれのSNSであれ、ほとんどがアナタにとって初めての経験・・・。

Right Caption
なぎさ
姉さん
そんなん、最初から思い通りになる訳ないやん(笑)

だから、ここで落とし穴にハマって『ヤメテしまわない』コトが凄く重要で上手く行ってる人たちも100%この状況を通ってる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
落とし穴にハマらず続けた人だけが成果を得てるのは変え難い事実なのね。

 

そして、検証する為にいろんな知識を吸収するタイミングでもあるので他のコトに目移りしがちな時期でもある。

 

だいたい、これくらいの頃から【 情報弱者 】の域を出て情報の収集力も着いてくる。

 

それに反して【 情報弱者 】の域を出たばかりなので判断力はまだまだ未熟。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
だから、新しいことに目移りしてしまう。

これらが、理由で『アタシがやりたかったコトって・・・。』って迷子になって自分の軸を見失う。

まとめると・・・。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
この工程もマーケティングのど真ん中!

検証・と改善をするコトで集客の精度が上がる。

そして、検証と改善の基になるのは【仮説】になる。

特にこの段階での仮設は⑨広告チャンネルに合わせてキャッチコピー/原稿作成の段階でたてた【 仮説 】を検証する。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
もう、これの繰り返し。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
なんなら、終わる事のない検証になる。
Right Caption
なぎさ
姉さん
相手が人間のことやから流行りによっても変わるもんね。