Webブランディングとコンセプトづくり

ブランド戦略

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
今日、facebookのメッセンジャーで質問もらったのよ。
Right Caption
なぎさ
姉さん
どんな質問やったん?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
内容は・・・

 

お疲れ様です。
ふとした疑問です。
コンセプトを考えることは、ブランディングでしょうか?マーケティングでしょうか?
ブランディングだろうなと考えていますが、一方的だとマーケティング。双方向だとブランディングで良いでしょうか?
 
 
 
Right Caption
なぎさ
姉さん
うんうん。
『コンセプトは大事』って言われるけどなんの作業かわからんもんねぇ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
マーケティングをどう捉えてるか?によって考え方はかわるんやけど・・・。

基本的にはブランディングの最初の工程。
Right Caption
なぎさ
姉さん
どういうコト?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ビジネス活動すべてを通して『マーケティング』って言うコトも出来るから。
Right Caption
なぎさ
姉さん
それじゃ、解りにくいから工程整理をして迷子にならんようにブランド戦略やってんやろ?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう、それがブランド戦略の役割。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
と言うことで、そもそも【コンセプト】って何?から考えていこか。
Right Caption
なぎさ
姉さん
そこからかぁ~。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ほな
Right Caption
なぎさ
姉さん
ひさしぶりやな。

そもそも、コンセプトとは

今回の質問の場合、自分が提供する商品かサービスのコンセプトを作ろうとしてて「今やってるのは何につながる作業?」という疑問から発生した質問。

googleさんで『コンセプトとは』で検索すると・・・。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
1.概念
2.企画・広告などで、全体を貫く基本的な観点・考え方。
Right Caption
なぎさ
姉さん
って書いてるねぇ。

ここで、大事なのは『全体を貫く基本的な観点・考え方』の部分。

Right Caption
なぎさ
姉さん
なんか、難しい・・・

今回の『提供する商品やサービスをつくる』という目的にたいして簡単な言葉にすると

『なぜ?その商品(サービス)があるのか?世の中にどんな風に役にたつのか?』

という意味合いになる。

 

Right Caption
なぎさ
姉さん
なんか、会社の企業理念みたい(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう、その商品(サービス)の理念。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
も~っと、簡単にするとその商品の【目的】

目的を達成する為にインターネット(Web)を活用する

その目的を達成するからお金が入ってくる。

その目的を達成する為にブランドを設計してお客さんが選ぶために必要な情報を取捨選択(しゅしゃせんたく)して伝える内容と伝え方のルールを決める。

それをインターネット上でやるコトを想定してやるのがWebブランディング。

ここで、もう一度ビジネスの工程を復習しておくと。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
下の図。
下から順にステップアップしていくイメージな。
 
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
さらにブランディングを戦略的に工程順に並べると。

Right Caption
なぎさ
姉さん
これも下から順にステップアップのイメージやんな。

上記の図で観ていくとコンセプトづくりは商品開発のプロセスになる。

ここで、作られたコンセプトが後のどのプロセスで活用するかというと、ブランド戦略の2番目の工程『ブランドデザイン』の部分の基に」なる。

 

まとめると・・・。

コンセプトづくり=理念づくり

インターネット上で、その理念を叶えるためにWebブランディングしてWebマーケティングをする。

ビジネスのプロセスを体系的にしたブランド戦略では4つ工程の1最初の『商品づくり』のパートになる。

 

と言うことは、全てのビジネスの始まりの部分になる。

 

このコンセプト(理念)の為に伝える為のルールづくりが次の工程の『ブランド設計』になる。