Webブランディングの大枠のフレームワーク

ブランド戦略

Right Caption
なぎさ
姉さん
ブランディングってなにをやることなん?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ん?
Right Caption
なぎさ
姉さん
実際の行動としてなにをしたらいいのか?いまいち解らんのよ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
どんな行動がブランディングなんか解らないと・・・。
Right Caption
なぎさ
姉さん
なにをやったら良いの?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
じゃあ、大まかな手順として何をするか説明しよか。
Right Caption
なぎさ
姉さん
ヨ・ロ・シ・ク・オ・ネ・ガ・イ・シ・マ・ス

ブランディングの最大の目的は選んで貰うコト

購入の動機に基づくところではあるけど、ブランディングの最終的な目的はお客さんが『勝手に選んで購入してもらう事』になる。

Right Caption
なぎさ
姉さん
『勝手に』って(笑)。
言葉わるいなぁ~。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ひとが勝手に何か選ぶときって自分の中にあるイメージが購入の決め手になるのね。

たとえば・・・

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
『好きやから買う』って言うのも好きになってる理由ってのが自分の中にあって、明確に答えれなくてもイメージ(印象)としてもってる。

もう一つ・・・

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
『機能が優れてるから買う』っていうのも、そう感じている理由がある。

 

この、イメージ(印象)っていうのは他の何かとくらべて出来上がるものやったりする。

 

Right Caption
なぎさ
姉さん
『勝手に選んでもらう』為にはそのくらべるための情報がいるってこと?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そうやねん。

 

そのくらべる為の情報を意図的に伝えるために持ってもらいたいイメージ(印象)を販売する側が最初にしっかり決めておく。

 

持ってもらいたいイメージ(印象)を決めていくのがブランドづくりってことやね。

 

ポイント

ブランドは最初に決めたらそれで終了っていうモノでもない。特にはじめての商品(サービス)づくりの場合、伝えたいイメージ(印象)が購入する理由としての価値が有るかどうかの見極めが大事。

ブランディングをしている途中でお客さんから価値のあるイメージ(印象)を学ばせてもらう事もよくある話し。

持ってもらうイメージ(印象)を効果的に伝えるために

Right Caption
なぎさ
姉さん
決めるのは良いけど次はなにする?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
自分のなかでのルールを決める。

たとえば、伝えたいイメージ(印象)を伝えるのに適切な言葉の使い方。

特にWebブランディングに関してはこの言葉使いに関してはスゴク重要。

Right Caption
なぎさ
姉さん
文体(ぶんたい)で書いてるひとの印象って決まるもんなぁ。

そして、Webブランディングにブロブを活用する場合はブログ自体のデザインや色の使い方もイメージ(印象)を左右する要素やからしっかり考える。

Right Caption
なぎさ
姉さん
そうなると、ブログの書体とかも影響あるよな?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
他にも、いろんな要素があるから細部まで決め込んでおくのが重要。
Point

なぜ?細部まで決め込んでおくのが重要なのか。

『神は細部に宿る』とはよく言ったもので・・・。

ひと自体が統一されたものに安定とか安心を感じやすい(一般論)

こと、購入を決める時『不安定』なモノを選択しにくい傾向にある。

 

ルールを決めた後は実行!

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
実際の行動として、つくったブランドはマーケティングを使て伝えていく。

そして、ブロブマーケティングであれインスタグラム・マーケティングやTwitterマーケティングなんかのSNSマーケティングであれ自分ルールを厳守して実行する。

そして、なによりコツコツ継続するのが一番大事。

Right Caption
なぎさ
姉さん
大事なコトいっぱい在るな(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
もうひとつ覚えてて欲しい大事なこと(笑)

 

ブランディングには時間が必要!

 

一定以上の期間、伝え続けないと印象にのこらない。

そして、素人がインパクトが強い印象は意図してつくるのが難しい・・・。

Right Caption
なぎさ
姉さん
広告デザイナー・ディレクターとかマーケティングのプロはそれが出来るからプロなわけやもんな(笑)

ブランディングは一回決めて終わりではない

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
正直、持ってもらいたいイメージ(印象)を持ってもらうのは簡単じゃない。

 

一生懸命、伝えているつもりでも違った伝わり方をする場合があるのも事実。

 

わかりやすいのが13日の金曜日のジェイソン。

 

ジェイソンって映画の中でチェーンソーで人を襲ったことが無い・・・。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
なんなら、人にチェーンソーで反撃されたりしてる(笑)
Right Caption
なぎさ
姉さん
そうなん!?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そうなん(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
この、『ジェイソン=チェーンソー』のイメージ(印象)が出来上がった理由は色々あるねんけど・・・。

いろいろな要素で自分の商品とかサービスのイメージ(印象)が思わぬ方向に行かない様にどのようにイメージ(印象)が伝わっているのか?自分ルールを守れてるか?を常に気にしながら『勝手に選んでもらう』ための情報を発信しつづける。

 

万が一、意図したいイメージ(印象)からはなれていれば修正も必要になる。

 

まとめると・・・。

ブランディングの手順の大枠は以下のとおり。

【手順①】持って貰いたいイメージを決める=ブランドを仮設定する

【手順②】イメージに添ったルールを決める。

【手順③】マーケティングを実行する時にそのルールを厳守する(やり続ける)

【手順④】持って貰いたいイメージが伝わってるか検証しながら修正していく。

Left Caption
前田 圭介
それぞれの手順に対しても細かなやり方は在るけど・・・。まずはコレを解っておくのがブランディングの始まりです(笑)