『ブランディング』でなにが出来る?

ブランド戦略

Right Caption
大泉さん
なぁ、『ブランディング』は何のことか?ってのは解ってきてんけど・・・。
Right Caption
大泉さん
実際『ブランディング』に何が出来るのよ?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
『ブランディング』の基本的な考え方を理解出来てれば色んな事が出来るねんけど・・・。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
気づかんか?
Right Caption
大泉さん
おうっ!
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ってなんでドヤ顔やねん!
まぁ、そういうヒト嫌いじゃないけど(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
一般的には『お客さんに持って貰いたいイメージを伝える。』とか『イメージを構築していく』とか『イメージ戦略』って解釈やねんけど・・・。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
これって全てターゲットがお客さんになるねんな。
Right Caption
大泉さん
それは解る。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そして、このターゲットを替えていくと色んな事ができて、それを戦略的にやって行くのがブランド戦略って事になる。
Right Caption
大泉さん
ターゲットを替えるってどういう事?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そしたら、ターゲットを替えて何ができるか説明しよか?
Right Caption
大泉さん
あぁ、知りたい!
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ほな、一つづつ・・・

実際に活用できるターゲット

コレが基本の基

『ブランディング』とは【持って貰いたい印象】を【相手に持って貰う】そして【行動を促す】コト。

コレが基本。

この【相手】を替えることで色んな事に対応できる。

実際に、対応しているターゲットは・・・。

  • お客さん(見込み客や購入者)
  • 求人活動の応募者
  • 新卒者の就職活動の企業
  • 婚活の相手(男性・女性)
  • 夫婦関係と親子関係
  • 自社の従業員や外注スタッフ
  • 新入社員
  • 管理職(マネージャー)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
正直、他にも出来ることは在ると思う。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
一つづつ説明していこうか。

外部ブランディングと内部ブランディング

今回あげたターゲット例を見ると2種類に分けるコトができる。

一つは一般的な顧客などの外側に向けた【外部ブランディング】

そして、もう一つは従業員や外注スタッフなどの内部に向けた【内部ブランディング】

そして、一人のヒト(同じヒト)に対してでも、そのヒトの立場が変われば必要になるブランディングも変わることになる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
この、【内部】と【外部】を意識するとより出来る事が明確になるよ。

お客さん(見込み客や購入者)をターゲットにすると・・・。

ごく一般的に認識されているブランでディングで商品開発や市場調査・ブランド設定に使われるブランディング。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
今回は「これ以外に活用できるねんで!」って話しな。
Right Caption
大泉さん
了解。

自社の従業員や外注スタッフをターゲットとすると・・・。

従業員や外注スタッフをターゲットにするのは『組織改革』や『組織作り』『チームビルディング』の場合に必要になるターゲティング。

従業員や外注スタッフをターゲットにした時、持って貰いたいイメージは『企業理念』になる。

企業理念と従業員や外注スタッフの目的意識が同じ方向にあれば従業員や外注スタッフも「この会社で仕事をする理由」が明確になり自分の夢とか目標を持てるようになるのでそれぞれのパフォーマンスが上がることが期待できる。

Right Caption
大泉さん
そんな会社ないで(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
それがちゃんと存在する。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
中小企業家同友会とか倫理法人会なんかに所属していると企業に見学させてもらうことができる機会があるねんけど、「この会社、活気あるなぁ~」なんて思ってたらどの従業員さん(パートのおばちゃん含む)も自分の目標があって仕事してはった。

実際にこの会社の業績は10年以上右肩あがり。

で一人当たりの生産性が非常に高い。

そして、その従業員さんたちの目的がちゃんと企業理念のうえにのってる

こういう事を見据えた上で『企業理念』はある程度、懐の大きいものにしておかないといけないとも言える。

この従業員や外注スタッフへのブランディングは経営者や役員のコミュニケーション能力にかかっている。どれだけ、雇用条件以外の所で自社の存在いぎを示せるか・・・。が勝負になる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
でもコレって特にお金をかけずに出来る事よ。

求人活動の応募者をターゲットにすると・・・。

このターゲット設定が必要になるのが【離職率が多い】という問題解決の場合。

とくに最近、増えてきている問題。

Right Caption
大泉さん
あぁ~ウチの会社でも居るわぁ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
「思ってたのと違いました」とか言っていきなり出社しなくなるヤツ。
Right Caption
大泉さん
特に若い人に多いよな(怒)
若くなくても居るから質が悪い・・・。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
求人広告に条件面ばっかりになってるやろ?
Right Caption
大泉さん
??

自社の求人広告媒体への出稿ないようを確認してみてください。

給与や福利厚生・勤務時間・残業の有無なんかの条件面のみになってないですか?

それが、非常にもったいない。

この部分できっちり応募者に有益な情報の開示をすれば、条件面以外の部分を含めて応募してくれるので有益な人財(人材とは別)を雇用できる確率は上がる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
どうしても、理念とか手に入れて貰えるスキルを基準に応募してくる人は好条件のみで応募してくるヒト達より少なくなってしまうのは理解できる?
Right Caption
大泉さん
ハードル上がるもんなぁ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
絶対的な分母数が違うのね。

なので、この問題に関しては解決には時間はかかる。

ただ、理念とか手に入れて貰えるスキルを理解した上で応募してくれる人たちは簡単に辞めず永く協力してくれる従業員になる可能性が高い。

こう言う人たちを狙って募集するのがブランディングを活用した戦略的な求人になる。

新卒者就職活動の企業をターゲットにすると・・・。

ブランディングする側は新卒の就職希望者。

そして、ターゲットに成るのは希望する企業。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ほとんどの新卒の就職希望者の目的が『内定を貰う事』になっているのは理解できる?
Right Caption
大泉さん
俺の時もそうやったわ、なんやったら50社くらい応募して20社くらい面接に行った(笑)
内定貰えたの3社やったけど・・・。
Right Caption
大泉さん
コレって多いんかなぁ。知らんけど(笑)
Right Caption
大泉さん
でも、当時はホンマに内定欲しかった。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ここで、ちょっと考えて欲しい・・・。

採用する企業側が欲しい情報って【就職後にどんな風に会社に貢献してくれそうか?】になる。

Right Caption
大泉さん
決して内定通知を送りたいわけじゃないのね。

だから、その企業の欲してる「スキルがありますよ!」「御社でこういう成長をしますよ!」ってアピールすることでその他大勢から頭一つ抜きに出ることができる。

そして、アピールできる自分に成るのと自分に在る資質を洗い出しておく。

Right Caption
大泉さん
コレってそのまま【商品づくり→ブランド設定→マーケティング→セールス→成約】の流れやん。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そういう事、そのままブランド戦略が当てはまる。

婚活の相手(男性・女性)をターゲットにすると・・・。

交際を始めるところまではブランド戦略で対応可能。

その時に大事になってくるキーワードは『最低ライン』

この『最低ライン』を知るコトがとても大事。自分にとって相手に求める『最低ライン』を把握しておく。

その、『最低ライン』をもった相手はどこにいるのか?

そして、その『最低ライン』を持った相手が望む『最低ライン』はどんな人なのかを知る(調べる)。

これってマーケティング(集客)と同じ。

相手が望む『最低ライン』を持った自分になる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
これ、商品づくり。ブランド設定。

で、相手にアピールする。

Right Caption
大泉さん
マーケティングとセールス(笑)

この、『最低ライン』を基準にしていくと理想と多少違ってても受け入れられる。

そもそも、理想を求めるからちょっとしたことでゴールにたどり着かない。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
二人の関係のスタートラインが違うのよね。

旦那・嫁・子供をターゲトにすると・・・。

この家族をターゲットに定める時に必要なのはそれぞれに対する『役割』を理解する必要があっる。

それぞれにどんな旦那と思われたいか?妻と思われたいか?そしてどんな親だと思われたいか?

どんな『役割』を担う人になるかを決める

それに基づいた行動を選択するのが一番伝わる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
『基づいた行動=ブランドマネジメント』ね。

新入社員をターゲットにすると・・・。

ココからのターゲットが『内部ブランディング』になる。

そして、新入社員をターゲットにした場合、自社に在籍する事で目指す所を示してあげることができる。

この会社で得れる知識、技術を理解できれば『会社に在籍する理由』と『会社に貢献する意味』を自覚できるから頑張れる(笑)

これを、継続的に実行していく為には定期的な【新人研修と社員研修】。

そして上長・役員・経営者の態度とコミュニケーションの一貫性が重要になる。

そして、【販売力のある営業担当者を育てる】という課題には『人』そのものを理解する研修が有効。これって企業が実行するブランド戦略を個人レベルで実行する事に値する。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まぁ~、企業に在籍している以上『売る』は外せない(笑)
Right Caption
大泉さん
一人あたりの生産性を上げるのにも使えそうやな。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
うん、課題解決の技術ってので対応できる。

 

管理職(マネージャー)をターゲットにすると・・・。

正しいマネージメントを理解して、先を見据えたマネージメントが出来るヒトを育成できる。

これを実行しようと思ったら、やっぱり『人』の理解が必要。

その上で事業に対する課題の優先順位を明確にして解決の為の行動に落とし込む。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
結局、行動を促すためにブランディングを戦略的に活用できるってこと。

まとめ

ブランディングを理解できると直接的な商売(ビジネス)だけじゃなく色んな局面に対応できるようになる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
相手(ターゲット)が誰になるか?って事だけ(笑)

その為には相手を理解する、その相手の価値を理解して「その望みは叶うよ!」って伝えるだけ。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まぁ、その「伝える」ってのも知識が必要なんやけど・・・。

結果、【ブランド戦略】は間接的かつ重要な事に対しても必要な戦略になる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ターゲットとそのターゲットが望むモノ(=価値)が理解できれば、それにアジャストすれば大概の成果を出すことは可能になるのは理解できる?
Right Caption
大泉さん
ちょっとエグくない?
Right Caption
大泉さん
先生と生徒とか相対的なもん全てに活用できるやん?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
理解できてるやん!
Right Caption
大泉さん
こりゃ、ブランディング大事やわ(笑)