なぜ、ブランディングするのか?どう始めるのか?

ブランド戦略

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ブランディングの意図って考えたコトある?
Right Caption
大泉さん
マーケティングの効果を最大限にするためやろ?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そうそう。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
じゃあ、どういう状態がマーケティングの効果が最大化した状態なんやろ?
Right Caption
大泉さん
う~ん、伝えたいコトがちゃんと伝わるってことか?

ブランディングの目的

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ブランディングって何のためにするんでしょうか?
Right Caption
大泉さん
売れる様にするため。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ブランディングしなくても売れてたりしない?
Right Caption
大泉さん
売れてる商品もあるわなぁ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
じゃぁ、なんでブランディングなんてやるんやろ?

 

正直、ブランディングをせずに売れている人たちも存在するし、あとからブランドが付いてくるってパターンも実際に存在する。

 

ブランディングをせずに売れていく理由は『マーケティングの力』と『運』による理由が見て取れる。

それと、あからさまに需要が明確な場合。

 

『マーケティングの力』『運』『需要が明確』について考えてみて欲しいねんけど。

 

『マーケティング』ってのが数を集める行為って言うのはこのブログで何度も伝えてるコトでもあるし、お金・労力・時間を掛ければ100%成果を出すものであるってコトも伝えてる通り。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まぁ、この場のまんまやねんけど。

なので、マーケティングは数を集めてナンボではあるねんけど・・・・。

ここで、何も考えずに数を集めても購入意欲の低い状態の人ばかりを集めている可能性が高くなる。

Right Caption
なぎさ
姉さん
購入意欲の段階の詳細は下記の記事に詳しく書いてるよ。
 
 

実際、はマーケティングの勉強をしてる場合『なにも考えずに』数を集めているわけではないのである程度の集客成果は見込めるのは事実。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ただ、ただね・・・
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
精度がどうしても低い・・・

 

どんなに、マーケティングを勉強したところで自分の希望から抜け出せない。

 

特に、ひとり起業とか零細・中小企業が【 ニッチ 】とか【 ブルーオーシャン 】、ランチェスター戦略で言う所の【 ゲリラ戦 】を狙うと正しい3C分析や市場の調査方法を知らないとやらかしてしまう。

 

「こんなお客様が理想的♡」とか「こんな人たちはウチの商品求めてるはず」とかって・・・

 

Right Caption
なぎさ
姉さん
ないから(笑)

 

特に、最近のWeb業界界隈にうごめいてるマーケッターと名乗ってる人たちはこの辺りが疎か(おろそか)な方たちが多いので要注意。

Left Caption
前田 圭介
個人的意見ではあるけど、活動年数とかでは測れないところでは有るとおもってます。
Left Caption
前田 圭介
この辺りが、このブログを運営してる理由でもある。
Right Caption
なぎさ
姉さん
だから『ブランディングなめんな!』なのね(笑)

 

そして、狙いが【 ニッチ 】過ぎて売れないなんて、コトも当然おこりうる。

これも、バカに出来ない実際に起こってる現象。

多くの理由が商品開発時点でペルソナを設定して商品づくりをすることが理由。

Right Caption
なぎさ
姉さん
もう、見てられない。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
だから、マーケティングを最大限に活かすも殺すもブランドデザイン次第。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そして、『 運 』っていうか、自分の仕事を『 運 』任せにできる?
Right Caption
大泉さん
そんなん、無理やろ!
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
でも、マーケティングでめっちゃ人集めて色んな要素が絡んで商品(サービス)が想像以上に売れるってのが確かにある。
Right Caption
大泉さん
それでも、それに頼れんわ。
Right Caption
なぎさ
姉さん
色んな要素がいつ絡んで追い風がいつ吹くのかは解らんもんね。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
その、風を待ってる間に体力無くなってつぶれるのが関の山w
Right Caption
大泉さん
ブランディングをキチンとやるコトで運任せの風が吹くのを待つ必要がなくなるな。
Right Caption
なぎさ
姉さん
だって、必要なヒトがどんなヒトで・・・

そのヒトはどんな価値基準で購入を判断しているかが想定できるから自分が影響を及ぼせるトコロで努力が出来る。

Right Caption
大泉さん
自分がコントロールできないコトを待っててもしゃ~ないわな(笑)

運に頼らず、自分がコントロールできるコトで購入してもらう確率を上げれるというコトは『需要が明確』に見えてる=市場をちゃんと観れてるというコトの証明になる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
こういうコトを考えていくと、ブランディングの本来の目的が解ってくるんじゃないかな?
Right Caption
大泉さん
誰に、何を、どういう風に伝えるか!
Right Caption
なぎさ
姉さん
購入意識の高いヒト達にアプローチする。
Right Caption
大泉会長
うん、うん・・・。
金と時間と労力の効率がかわるわな。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
っわ!親父さん、ご無沙汰してます。

 

ブランディングの肝

 

ブランディングの肝(キモ)は何を伝えたいのかを明確にする。

 

そもそも、自分の商品やサービスの魅力はどういうコト・どういったモノなのか?

そしてそれは、ちゃんと需要が有るモノなのか?

 

これらの質問に即答(そくとう)できる状態まで自分の商品やサービスを理解する。

これが出来たときには自然に『伝えたいコト』が明確になってくる。

ブランディングの絶対条件

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ブランディングの為の絶対条件(ぜったいじょうけん)ってのがあるけどわかる?
Right Caption
大泉さん
いろんなコトがあるやろうけど・・・。
Right Caption
なぎさ
姉さん
ブランディングを知るコト?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
それも、大事やけど答えは・・・
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
商品があるコト。
Right Caption
大泉さん
当たり前やんけ!
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
当たり前やとおもうやろ~。
コレが無いのにブランディングを学びたいヒトいっぱいいてるねんで(笑)

うさぎさんは『商品』があるコトとは言っているけど『ブランディングする対象が必要だ!』ということブランド戦略自体は商品やサービスの売買だけでなく対人コミュニケーション全てに有効(ゆうこう)な考え方でもある。

 

ブランディングの為のブランドデザイン

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
伝える為に必要な『なにを伝える』が明確になった所で必要なのが・・・
Right Caption
なぎさ
姉さん
『どういう風に』伝えるか?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう、それが重要。

伝え方=言い方がバラバラだと伝えてる内容にどんどん説得力が無くなってくる。

その為に、伝える為のルール作りがブランディングの軸(じく)になる。

 

このルールをブランドの要素に添って決めていく。

 

ブランド構成要素

1)名称・ロゴマーク

2)五感で得られるモノ(音・ニオイ・感触・色・味)

3)印象で得られるモノ(口調・形・サイズ感などなど)

ブランドを構成する要素か下記の記事に詳しくかいてます。

 

これらを決めて自分のブランドルールを定める。

これをすることでマーケティングの効果が最大化する。

まとめると・・・。

マーケティングを効率化しようと思ったらブランディングの意図を知っておくと遠回りしなくて済む。

そもそも、マーケティングは伝えて集める行為なので『なにを伝えるか』が明確でないと機能しない。

Right Caption
大泉さん
当たり前やんけ!

なので、『なにを伝えるか』を明確にしていくのがブランディングの基の基になる。

そして、その『なに』は相手が求めている(需要が存在する)ことであるのが大前提。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
と言うことは・・・・。

相手が求めている(需要が存在する)ことを知るのが一番はじめにやること。