ブランド戦略的見解。なぜレッドオーシャンに挑みたがるビジネスオーナーが居るのか?

言いたい放題

レッドオーシャンで戦っていくにはどうしたらいいですか?

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
クライアントからこんな質問を受けたのよ。
大泉さんならどう考えるよ?
Right Caption
大泉さん
う~ん・・・
Right Caption
大泉さん
なんだかんだで、みんなレッドオーシャンに挑みたがるよな?(気持ちは解るけど)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
うん、一見したらそういう風に見えるよな。
Right Caption
大泉さん
一見?てどういう事やねん。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
自分の商品の『市場の価値感』を調べず、簡単に思いつく価値でブランディングしようとするからレッドオーシャンに挑みたがってる様にみえるねん。
Right Caption
大泉さん
『考えてない』ってことか?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
どっちかって言うと『調べ方を知らない』って感じかな。
Right Caption
大泉さん
あかんやん(笑)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そして、もう一つ
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
敢えてレッドオーシャンでポジションを獲得したいと思ってるパターン。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
大泉さんが(気持ちは解る)っていってたパターンな。
Right Caption
大泉さん
そりゃ、レッドオーシャンで市場を取れたら強いもんな。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう言うコト。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
せっかくやから、詳しく考察していこか。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そんじゃぁ・・・。
Right Caption
大泉さん
またか・・・。

自分の商品(サービス)の市場に存在する価値基準を理解していない。

これ、かなり損してるって何となく解ります?

まず最初に言えることが『自分の商品(サービス)の価値を深く理解してない』って証拠です。

本来なら、自分の商品(サービス)のコトは自分が一番知ってないとまともに販売できるわけがない。

これってどんなに良い商品(サービス)でも会社が、そして営業(販売)担当者さらにマーケティング(広報)担当が理解してないと”良さ”を消費者に伝えるコトが出来ないってコトになってる。

では、何故そんなことが起こるのか・・・。

一つ目の原因は『そもそも、知識がない』

商品(サービス)を開発してブランドをデザインする段階で、市場に隠れてる『価値観』の探し方を知らないっていうのが理由。

いわゆる【3C分析】をやってない、ひどい場合【3C分析】を理解してない。

Right Caption
大泉さん
そんなコトありえんやろ!?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
いや、零細企業とか中小企業でも兼業マーケティング担当者が解ってないってコトよくあるよ。
 

二つ目の原因は『新しい価値観を見つける技術がない』

なまじ【3C分析】を活用できていても、そこから自分の商品(サービス)の市場に隠れてる新しい価値観を見つける技術がない。

こればかりは経験とセンスがものを言う・・・。

対応策としては、その技術がない企業はコンサルタントなりヘッドハンティングでその技術を補う必要うが出てくる。

つまり

そもそも、知識がないので安直で解りやすい価値基準(=レッドオーシャン)で勝負せざる得ない。

そんな状況なので、コンサルタントやマーケッターに「何とかしてくれ!」ってコトになる。

敢えてレッドオーシャンに挑む?

レッドオーシャンの市場でポジションを獲るコトが出来るとメリットは大きい。

当然、その市場には消費者がたくさん居てて、その中でシェアを獲るコトになるので色んな意味で影響力も強くなる。

そして、大きな金額が動くコトになるので銀行などから融資を受けやすくなるしお金が有るってコトは次の一手の幅も広がる。

そういう、メリットを見越してレッドオーシャンに挑むビジネスオーナーが居てるのも事実。

どうしてもレッドオーシャンに挑みたい場合どうすれば良い?

答えはめっちゃ簡単です

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
金と時間を大量に投入しろ!
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
以上!!

現時点でレッドオーシャンの市場で『シェアを獲ってる競合に勝ちたい』と思ったらその競合が今かけている広告費の3倍以上の金額を投入する覚悟が最低でも必要。

それでなくても後発というハンデを背負ってるので競合を追い抜く為には時間という名のコストも当然、見込める・・・。

最後に知っておいて欲しい知識

ブランディング戦略にも種類があって、代表的なのが【同一化戦略】【差別化戦略】

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
差別化戦略は聞いたコトあると思うんやけど・・・。

簡単に言うと、競合他社との違いを明確にしていく戦略。

前出の【市場に存在する価値基準】の項目の【二つ目の原因】で説明した3C分析で価値基準を見出して、その価値を認めてもらうやり方。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
で、同一化戦略

競合他社と同じ価値基準の中で圧倒的な量でシェアを獲得していく戦略。

代表的なのがイ〇ングループとか7&iホー〇ディングなんかの戦略。

【同一化戦略】と【差別化戦略】それぞれのメリットとデメリット。

どうぜん、それぞれメリットがあればデメリットも存在する。

【同一化戦略】のメリット

 ・成功すれば多いな利益を生む

【同一化戦略】のデメリット

 ・お金と時間というコストが大量に必要。

【差別化戦略】のメリット

 ・コスト(お金と時間)が少額ですむ。

【差別化戦略】のデメリット

 ・市場に隠れてる価値基準を導き出すのに知識と技術と経験が必要。

 ・本当に需要の有る価値基準なのかテストが必要。

ポイント

それぞれのメリットとデメリットはブランド戦略に基づいての行動が前提になります。

あとがき

コンサルティング業務や個別相談を受けていると、本当にちょくちょく、レッドオーシャンに挑むことしか考えてないビジネスオーナーさんに会うことがあります。

お話をお聴きしてると、単純に『知らない』ってことが原因のほとんどやと感じます。

と言うことは知れば良いんですよね。

ブランド戦略で今ある課題に対して何から手を付ければ善いか?解決の手がかり導き出す個別相談をお受けしています。