ブランディングにWeb(SEO)が重要な役割を担う理由

ブランド戦略

Right Caption
大泉さん
なんで、ブランディングするのにWeb(インターネット)が重要やねん?
Right Caption
大泉さん
仕事ってお客さんとの信頼・口コミ・紹介で成り立つもんやろ?
Right Caption
大泉さん
いままで、それでやってきたで!
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
だから、大泉さんの会社って今、新しいお客さんが出来ずに伸び悩んでるんやろ?
Right Caption
大泉さん
うっ・・・。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
たとえ、BtoC(企業と消費者間の商売)でもBtoB(企業と企業間の商売)でもお客さんとの接点を知っておくのはスゴク重要なんよ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
大泉さんの親父さん、つまり先代の社長も会社を立ち上げた頃って何もない所から『お客さんは何処にいてる?』って最初の接点を求めた結果、今の大泉さんの会社の取引先とつながってるねん。
Right Caption
大泉さん
それが、始まりやわな。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ただ、先代の社長が会社を立ち上げはった時と今では社会(世界)の環境はぜんぜん違うねん。
Right Caption
大泉さん
そりゃ、同じじゃないわな。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
じゃあ、何が違うかわかるか?
Right Caption
大泉さん
道具、とか流行りとか技術とか他にも色々あるよな。情報とか・・・。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ほとんど、全てが変わってると思った方が良い。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
特に情報の部分に気づいてるのは大泉さんは勘がいい。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
今、の時代はどんなサービスであれ商品であれ本人が全く未知のコトはWeb(インターネット)で調べるねん。
Right Caption
大泉さん
散髪屋でも居酒屋でも旅行先のコトも商品の値段なんかも調べられるもんなぁ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
それらはBtoC(企業と消費者間の商売)の例やけどBtoB(企業と企業間の商売)でも同じ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
企業でも必要な材料とかサービス、新しい取引先を探す場合まずWeb(インターネット)で調べてアタリをとる。
Right Caption
大泉さん
あ~、オレもやってるわ。
新しい仕入先を今探してるもん。

顧客(消費者)の目的達成までの過去の行動

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
こういう風にお客さんがとる行動を予測・観測して対応するコトをカスタマージャーニーマップを描くって方法でみていくことができる。

 

今回は今と昔では顧客の接点が変わってしまったことを理解してもらう為に過去のお客さんの行動を振り返っていく。

 

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
親父さんが会社を興したころってどうやってお客さんをつかんだか聞いた事ある?
Right Caption
大泉さん
あ~、『とにかく足で稼いだ』って言うてたわ。(今もたまに自慢げに言いよる)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう、でその足を向かわせる先はどうやって探してた?
Right Caption
大泉会長
タウンワーク!
Right Caption
大泉さん

うわっ、おやじ!

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そうなりますよね、それと行き当たりばったりか紹介。
Right Caption
大泉会長
そうそう、友達とか親戚とか大学の先輩とかありとあらゆる人脈にたよったよ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
社員旅行に行くときはどうしてました?
Right Caption
大泉会長
同級生が働いとった『旅行理店』に全部まかせてた。
いまもその代理店に頼んでるはずやで。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
出張先での食事は?
Right Caption
大泉会長
取引先の接待か、ホテルの紹介。
ひとりやったら、たまたま通りかっかた店かなぁ。
Right Caption
大泉会長
ハズレも多かったけど・・・、通った店もあった。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
コレが親父さんが企業したころの『はじめの接点』。

顧客(消費者)の目的達成までの現在の行動

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
おやじさんが起業したころって、人脈がキモやったわけ。
Right Caption
大泉会長
おう、それこそ周りの全てのヒトに助けてもらったよ。
Right Caption
大泉さん
そういわれたら、今ってそんな感じじゃないかもな。
Right Caption
大泉さん
なんなら、「起業するから助けてくれ」とか「お客さん紹介して」とかよ~言わんし。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そうやねん、そんなコト頼んだら悪い。みたいな意識がある。
Right Caption
大泉さん
なんでやろ?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
単純に、ヒトとヒトの繋がりの密度がうすくなってる。
Right Caption
大泉会長
たしかに・・・。
その分、広くなってるような感じやな。
Right Caption
大泉さん
インターネットとかスマホとかPCとか、おやじが起業したころと技術的にも環境がぜんせん違う。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう、技術のおかげでヒトと深く関わらなくても生活できてしまう。インターネット、特にSNSのお陰でコミュニケーションの方法とかマナーとかにも新しいリテラシーができてるしな。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
これらを踏まえて、本題。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
大泉さんの家でネコを飼うコトになりました。これから長い時間を一緒に過ごすネコを診てもらう動物病院を決めておかないといけない・・・。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
どうする?
Right Caption
大泉さん
嫁さんに「動物病院を探しといてぇ~」っていう。
Right Caption
大泉会長
自分でやれよ!!!(バカむすこ!)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まぁ、エエわ。
ほんなら、奥さんは何をする?
Right Caption
大泉さん
多分、スマホで検索する。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう、みんなまず検索するねん。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
特に新しいコト。知りたいコトがあった時まず検索する。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ほんなら、大泉さんの会社で仕入れ先が倒産したらどうする?
Right Caption
大泉さん
こないだ丁度それ、あってん!
Right Caption
大泉さん
跡取りがいないし、従業員も高齢やからたたむって連絡あって、も~めっちゃ大変やってん。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
その時、何した?
Right Caption
大泉さん
まず、ほかの仕入先に相談したけど。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
けど?
Right Caption
大泉さん
価格と条件が合わず決まらんかった。
Right Caption
大泉さん
その後は、ネットで調べまくった。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そうなるねん。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
これが、飲み屋だろうが出張先のホテルだろうが交通手段だろうが・・・。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
なんなら、キャンプ用品みたいな商品ですら、まずインターネットで調べるし比較する。

顧客との接点がなければ存在しないと同じ

消費者という消費者。

ほぼ全ての日本人、なんなら世界中のひとがインターネットの恩恵をうけてる。

目的を持って何かを購入する時には必ず

①『存在を知る』

②『インターネットで検索する(SNS検索含む)』

という工程をたどるコトになる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
『衝動買い』『ついで買い』『ウインドウショッピング』はまた別の話し。
Right Caption
大泉さん
これって、顧客にとって比較・検討・決定の場所がインターネット(Web)上で完結するってコトやん。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まぁ、検討したうえでお店で現物をみて決定するってパターンもあるけど、このパターンも減少傾向にあるよな。
Right Caption
大泉さん
服とかはサイズ感とか気になるからショップで買うなぁ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
それでも、ネット通販の業界の伸び率ってスゴイよ。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ECサイトの市場規模の話しなんかが参考になる。

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
こういうコトも含めて、比較・検討・決定がインターネット(Web)上で完結するってことは?
Right Caption
大泉さん
・・・?(思考停止状態)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
しかも新しい情報やったり商品を知るキッカケがインターネット(Web)するよな。
Right Caption
大泉さん
インターネット(Web)の中に無かったら、誰にも知ってもらえない!(思考復活!)
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そういうコトになるわな。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
だから、ホームページとかブログ、ツイッターの公式アカウント・Youtyubeの専用チャンネルをつくってインターネット(Web)上に存在しないと何も始まらない。
Right Caption
大泉さん
そういう時代ってコトやな。

Web上接点の支配者=Googleという事実

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
大泉さんって検索する時は何を使ってる?
Right Caption
大泉さん
Yahoo!スマホもYahoo!で検索できる様にしてる。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
どういう状況かわからんけど・・・。
他に検索する時に使われるのってしってる?
Right Caption
大泉さん
知ってるわ!googleやろ?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう、それが大事やねん。
Right Caption
大泉さん
googleが?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
大泉さんは検索の結果がどういう仕組みで表示されてるしってるか?
Right Caption
大泉さん
知らんし、興味ない。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
まぁ、仕組みの話しだけで詳しく話したら2時間くらい喋れるから、一旦おいといて。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
Yahoo!であれGoogleであれ検索した結果を表示する仕組み自体はGoogleのシステムを利用してるってのが事実。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
インターネット(Web)上の接点が検索である以上・・・。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
インターネット(Web)の中にあるほぼ全てのモノがGoogleの判断で表示されるかどうかが決められているって事実な。
Right Caption
大泉さん
日本で使われてる検索サイトってほぼYahoo!かGoogleちゃうかったっけ?
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう、下のリンクに詳しく書いてる。(2018年のデータ)

Right Caption
大泉さん
Yahoo!がGoogleのシステムを使ってるってコトはGoogleの一人勝ちやん!
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
ほぼ、完全に牛耳ってる。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
と言うコトはお客さんに見つけてもらう前に、Googleに表示されないと無いのと同じ。
Right Caption
大泉さん
Googleに認めさせなアカンってことか。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
その為に、Googleの判断基準とか企業としての目的なんかは理解しとかなマズイよな。

必要なヒトに届けるためのSEO対策

Left Caption
不機嫌な
ウサギ
Googleの判断基準とかは専門的な話しになるから別の機会に詳しく説明するけど、やっぱり検索されたら1ページ目に掲載される方が有利なのは間違いない。
Right Caption
大泉さん
よく言うSEO対策ってやつやな。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そのSEO対策もどんな言葉で検索されたときに1ページ目に表示されるか?ってのが重要になる。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
検索される言葉の目的が【購入】でないと、いくら人目にふれるホームページとかブログであっても、あんまり意味がない。
Right Caption
大泉さん
ちゅうことは、必要なヒトにだけ届けばいいってコトやな。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そう、本来ダイレクトマーケティング的なアプローチをしたいのにマスマーケティング的なことをやろうとするとマーケティングにかかる労力と時間が大変なことになるし目的を達成できない。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
そのためにもGoogle自体の価値基準を理解しておく必要があるっちゅうコトやねん。

まとめると・・・。

 

今の時代っていうか今後の世の中の当たり前として、新しいお客さんと自社との初めの接点は、ほぼWeb上で行われる。

 

そして、その接点を管理しているのがGoogleの検索機能。

 

新しいお客さんに好い印象を持って貰う(ブランディングする)前にGoogleの判断基準に則って、まずはGoogleに認めてもらう事が重要になる。

 

その上で、初めてお客さんに目に触れて選択肢の中に入ることが出来る。

Right Caption
大泉さん
どんなに、良い商品、良いサービス、価値のある内容やっても選択肢に入らなければ・・・。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
どんなに良い商品、良いサービスであっても、たとえどんなに価値があってもこの世に存在しないのと一緒になる。
Right Caption
大泉さん
ないモノは買えない=売れないって話しね。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
当たり前の話やけど・・・。
Left Caption
不機嫌な
ウサギ
もう、この事実だけでWebに取り組まない理由がない。